【お悩みの方必見】青ヒゲの原因と対策5選

「朝剃ったはずなのに夕方になると泥棒ヒゲが目立つ」
「相手の視線が気になって会話や仕事に集中できない」
「仕事終わりのせっかくのデート。髪型と服装はバッチリだけどヒゲだけが決まらない」

こんな経験はありませんか。

清潔感に人一倍気を使っていても、「夕方ヒゲ問題」だけはどうしても避けることはできません。そこでこの記事では夕方の青ヒゲに悩んでいるあなたに向けて、青ヒゲの原因と対策5選を紹介します。
夕方ヒゲで悩んでいる方はこの記事を最後までご覧いただき、自分に合った対策を見つけてくれたらうれしいです。

目次 | もくじ

男性のヒゲに対する女性の印象とは?

自分のヒゲを気にされる男性は多いですが、実際に女性は男性のヒゲに対しどのように考えているのでしょうか。ここでは生活情報サイト「みんなの予約ナビ」が2021年10月に実施した、女性400名に対しメンズ脱毛やヒゲについてアンケートの調査結果を紹介します。

参考元:https://everynavi.com/2021/10/04/mens/

(1)男性のヒゲが濃いと気になる?

  • 気になる:71%
  • 気にならない:25%
  • 分からない:4%

7割以上が「気になる」との結果になりました。やはり濃いヒゲは周りの人から見ても意識してしまうようです。最近では高校生や大学生でも脱毛をしている人が増えています。その結果ヒゲの濃い人が以前よりも目立ちやすい状況になっています。

(2)整ったヒゲとツルツルではどっちに惹かれる?

  • 整ったヒゲ:33%
  • ツルツル:67%

ファッションとしてヒゲを生やしていて、女性から高い支持を得ている俳優さんやモデルも少なくないですが、それはあくまでもテレビの中の話で現実は違うようです。最近ではそもそもヒゲがない方が好まれる傾向にあります。

(3)メンズ脱毛は男らしくなくなると感じる?

  • 感じる:15%
  • 感じない:62%
  • 分からない:23%

かつてヒゲは男性の象徴とされてきましたが、現代ではその価値観も徐々に変わりつつあるようです。時代とともに理想の男性象が変化していると言えます。

(4)結婚相手が脱毛にお金をかけるのはあり?

  • あり:49%
  • なし:33%
  • 分からない:18%

注目したいのは「お付き合いをする前の相手」ではなく「結婚相手」というところ。結婚後でも女性は清潔感に対するポイントは高いようです。

(5)これからは男性も脱毛を意識する時代だ

  • 思う:61%
  • 思わない:18%
  • 分からない:21%

昔なら「男性のくせに脱毛なんて男らしくない」と言われかねないですが、最近では日本でもジェンダーレス文化が定着しつつあります。今後は男女関係なく清潔感があることが評価される可能性がありますね。

(6)アンケートのまとめ

アンケートの結果を通して言えるのは、「ヒゲはないに越したことはない」ということです。ヒゲがあることによるプラス面よりもマイナス面の方が大きいことがわかりました。

青ヒゲが目立つ原因

青ヒゲが目立つ原因は大きく分けて3つあると言われています。ここではその3つの原因について紹介します。

(1)肌が白いためヒゲが際立つから

もともとの肌の色が白い人はコントラストのせいでヒゲが余計に目立ってしまいがちです。色白の人はヒゲが生えていない状態でも、皮膚下にあるヒゲが透けて外から見えてしまうのです。さらに青ヒゲの影響で肌全体のトーンが暗くなり、不健康な印象も与えてしまうなんてことも、、、肌の白さを解消するためには日焼けが一つの手段です。肌の色が濃くなれば程度は目立たなくになりますが、肌の色を維持するためには日焼けサロンに通う必要があるため経済的に負担がかかるデメリットもあります。さらに日焼けは肌へのダメージにつながるため、シミやそばかすの原因になるので注意が必要です。

(2)テストステロンの分泌量が多いから

男性ホルモンの一種であるテストステロンが過剰に分泌されることでヒゲの発毛が促されます。テストステロンの過剰分泌の原因は、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、タバコ等があります。これらの悪い生活習慣を改善することである程度マシにはなるかもしれません。しかし、基本的なテストステロンの分泌量は遺伝に依存するところが多いです。テストステロンの分泌量を完全にコントロールすることは不可能と言っても良いでしょう。

(3)朝ヒゲをしっかり剃りきれていないから

3つ目の原因は「朝ヒゲをしっかり剃りきれていない」です。特に電動シェーバーでヒゲ剃りをササっと済ませてしまう人にありがちです。そもそも電動シェーバーは手軽にヒゲを剃るには向いていますが、ヒゲの根元からしっかり剃るにはあまり向いていません。しっかり深剃りしたいのであればT字カミソリがおすすめです。ただし、T字カミソリは電動シェーバーよりも扱いが難しく、間違えれば肌荒れしてしまうなどリスクがあります。もっとひどい場合だと出血し、逆にヒゲより目立ってしまうなんてケースもありえます。

【お悩みの方必見】青ヒゲ対策【5選】

「毎朝しっかりヒゲを剃っているつもりでも、どうしても夕方になると青ヒゲがはえてきてしまう、、、」そんな人に向けて、ここでは青ヒゲ対策を5つ紹介します。

(1)ファンデーションで隠す

最近では日本でも「男性が化粧をする」という文化が男子高校生・大学生を中心に少しずつ浸透しつつあります。そのため今までと比べると男性用ファンデーションも普及するようになりました。とはいえファンデーションを使いこなすには当然ですがメイク術が不可欠です。雑なメイクだとムラや塗り残しなど、ヒゲ以外の箇所がかえって目立ってしまうかもしれません。さらに年配の方の中には「男性が化粧をする」という文化を受け入れていない人がいるのも事実です。できることなら化粧をしていることをバレずに、ヒゲを上手に隠すテクニックもマスターしたいところです。また夏の暑い時期は汗でファンデーションが落ちてしまうので、こまめにメイク直しをする必要があります。器用でマメな人に向いている対策です。

(2)モバイル電動シェーバーを使って出先でヒゲを剃る

最近ではコンパクトに持ち運べモバイル電動シェーバーを取り扱うメーカーも増えてきました。家庭用と違い、カバンに無理なくサイズのものも多いです。とはいえ実際に外でヒゲを剃るとなると「ヒゲを剃れる場所がない」となってしまう場合もあります。仕事を抜けてこっそりヒゲ剃りするのは現実的に難しいかもしれません。また頻繁にヒゲを剃れば、もちろん肌に負担がかかります。乾燥肌などデリケート肌をお持ちの方にはおすすめできません。肌が強さに自身があり、営業など外回りが多い業種の人など自分の時間が比較的自由に取れる人におすすめです。

(3)抑毛ローションとT字カミソリで深剃りをする

一般的には電動シェーバーよりもT字カミソリの方がヒゲを深く剃ることができます。さらに「事前の洗顔」「蒸しタオルでヒゲを温め柔らかくする」「シェービングジェルを利用する」「ヒゲの部位に合わせて順剃りと逆剃りを使い分ける」など工夫をすることで、より高い効果が期待できます。ただし出勤前の時間のない朝にこれだけのことをやるのは大変です。これだけの行程を丁寧にするとなると20~30分はかかります。そのためヒゲ剃りの時間を確保するために早起きが必須となります。また既に説明したとおりT字カミソリは使い方を誤ればカミソリ負けによる肌荒れや最悪の場合出血してしまう場合があるため注意が必要です。朝の時間をたっぷり確保できる人、T字カミソリを使いこなせる自信のある人におすすめです。

(4)家庭用脱毛器を利用する

家庭用脱毛器を使えば、除毛や抑毛などヒゲを目立たなくする効果が期待できます。価格は5~10万円のものが多く、高すぎて手が出せないほどではありません。しかし家庭用脱毛器の出力エネルギーは安全性確保のため、脱毛サロンやクリニックに比べると弱く設定されています。そのため、効果が出るまでに時間がかかったり、もっとひどい場合、人によっては「期待した効果がほとんど得られない」なんてこともあります。また間違えてホクロやあざなどに当ててしまうと、ホクロが濃くなったり、火傷を起こすリスクがあります。このような事故が起こってしまっても基本的にはメーカーは保証してくれません。全て自己責任となります。使用方法を正しく理解し最新の注意を払う必要があります。私も家庭用脱毛器を利用した経験があります。電動シェーバーのようなタイプで約2万円ほどの商品を購入しました。正しく使えていなかったせいなのか1年間使用しましたが全く効果を実感できませんでした。

(5)脱毛クリニックに通う

脱毛クリニックは上記で紹介した対策の中で一番費用がかかります。ですがヒゲの悩みから永久に解放されるなどメリットは計り知れません。最近では男性専用の脱毛クリニックも増え、男性が脱毛することが当たり前となってきています。あなたもテレビCMや電車内の広告で一度は見たことがあるのではないでしょうか。テレビで活躍する男性タレントさんもクリニックで永久脱毛していることを公言している人が増えているため、「男性が脱毛クリニックに行くなんて恥ずかしい」と脱毛に対してネガティブに考える人も昔に比べ少なくなってきました。実際に私自身も脱毛クリニックによりヒゲの永久脱毛をしましたが、週末のクリニックはなかなか予約を取るのが難しかったです。あなたの周りにも公言していないだけ「実は脱毛している」なんて人もいるはず。また脱毛クリニックの最大のネックである費用は、月々払いの対応をしているところも多いです。若い人だと高校生のうちから脱毛している人も増えています。

脱毛クリニックが最もおすすめである5つの理由

私自身も脱毛クリニックでの脱毛経験者です。これまでいくつかの脱毛方法を試しましたが、脱毛クリニックが最も効果があり、毎朝のヒゲ剃りから解放され、今でもやって良かったと思っています。そんな私が「脱毛クリニックが最もおすすめである5つの理由」について体験談を交えて紹介します。

(1)「一生ヒゲが生えない」永久脱毛が可能だから

脱毛クリームや家庭用脱毛器のキャッチコピーで「永久脱毛ができる」というフレーズを見たことはないでしょうか。実はこの場合の永久脱毛は多くの人がイメージしている永久脱毛と意味が少し異なります。AEA(米国電気脱毛協会)による永久脱毛の定義は「最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める」とされています。つまり「永久脱毛」=「一生ムダ毛が生えない」ということではないのです。しかし、脱毛クリニックでは「一生ムダ毛が生えない」という意味での永久脱毛が可能です。さらに副次的な効果として、ヒゲを剃る必要がなくなるので肌の潤いを守るための肌表面へのキズや肌荒れを減らすことができます。私も脱毛後は口周りの肌の乾燥や肌荒れが劇的に軽減されました。

(2)長期的に見ればお金と時間が安く抑えられるから

ヒゲを永久脱毛すれば、電動シェーバーやT字カミソリ、シェービングジェルの費用が一切かからなくなります。T字カミソリは基本的に2週間に1回の刃の交換、シェービングジェルの購入などランニングコストがかかります。また電動シェーバーについても2~3年に1度買い替える必要があります。少なくとも定年まで電動シェーバーやT字カミソリなどコストがかかることを考えると脱毛クリニックで永久脱毛した方がお得になる可能性が大きいです。お金だけでなく時間についてもメリットが大きいです。例えば20~60歳までヒゲ剃りを毎日10分間続ける場合、トータルで約100日間の時間削減になります。100日あれば新しい語学や資格を取得するのに十分な時間ですよね。長期的な視点で考えても顔脱毛はコスパが良いと言えます。

(3)脱毛のプロによる安全・安心の脱毛が可能だから

ヒゲ脱毛には少なからずリスクが伴うので正しい知識が不可欠です。インターネットが普及したとはいえ、自分に合った脱毛の情報を正確にキャッチアップし行動することは個人レベルではほぼ不可能と言って良いでしょう。脱毛クリニックならプロから正確かつ適切なアドバイスがもらえるので失敗するリスクを大幅に軽減することができます。また脱毛期間中に「思ったより脱毛の効果が出てない気がする。今後も続けていって本当に大丈夫なのだろうか」と不安に感じる場合も出てくると思います。そんな時に安心して相談できる相手がいればとても心強いですよね。さらにうれしいのがアフターサポートもしてくれるところです。技術が進化してきたのでレアケースにはなってきましたが、脱毛によるトラブルも少なからずあります。このような非常事態の場合は、基本的に脱毛クリニックでは最優先で対応してくれます。本当にピンチの時に頼れる存在がいるというのは脱毛クリニックの最大の強みだとも言えます。

(4)効果が出るまでの期間が圧倒的に短いから

自己流で脱毛処理すると、途中で上手くいかなかったり、試したけど全く効果がなかったりなど、どうしても遠回りになりがちです。しかし脱毛クリニックなら専門スタッフやハイスペックな脱毛機のおかげで脱毛が完了するまでの期間を短縮することができます。脱毛クリニックの場合、早い人だと3か月ほどで効果を実感し、1年で完了するケースも少なくありません。自己流に比べ費用も高くなってしまうケースがほとんどですが、その分早く「毎朝のヒゲ剃りから解放される生活」を手に入れることができます。

(5)脱毛したくない箇所はピンポイントで残せるから

「ある程度のヒゲを残しておしゃれを楽しみたい」という方もいると思います。脱毛クリニックなら「ピンポイントで脱毛しない部分を選び、その箇所以外脱毛する」といった柔軟性のある脱毛が可能です。

脱毛クリニックの選び方【5選】

脱毛クリニックと一口に言っても、クリニックによって脱毛方法や金額など選ぶポイントがいろいろあります。私自身も脱毛クリニックを選ぶときにはかなり迷いました。ここでは脱毛クリニックの選び方を5つ紹介します。

(1)医療レーザー脱毛or光脱毛

脱毛クリニックは医療レーザー脱毛と光脱毛の2つに分けられます。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

医療レーザー脱毛光脱毛
効果医療レーザー脱毛では、毛を生成する細胞を破壊するためいわゆる永久脱毛効果が期待できます。従来の光脱毛は減毛・抑毛の効果しかなく、いわゆる永久脱毛効果はありませんでした。しかし、最近では永久脱毛効果のある脱毛機器の開発が進み、光脱毛でも永久脱毛の効果がえられるクリニックも増えています。
料金1回あたりの施術料は高めです。1回あたりの施術料金は安めです。
ただし、一般的には医療レーザーよりも効果が弱いため、施術回数が増え、トータル料金は高くなる可能性があります。
痛み輪ゴムでバチンと弾かれるような痛みを感じます。鼻下など皮膚の薄い箇所は特に痛みを感じやすく、人によっては耐えられない場合もあります。
しかし最近では笑気麻酔や麻酔クリームなど痛みを緩和するオプションを備えた脱毛クリニックも増えてきています。
毛穴の奥の方にじんわりと熱を感じるイメージです。一般的に痛みはほとんど感じられない場合が多いです。
通院期間およそ1年~1年半およそ1年半~2年
通院頻度2~3か月に1回2週間~1か月に1回
担当者国家資格を持つ医師や看護師自社の研修を受けた専門スタッフ

※効果、痛み、通院期間には個人差があります。

私の個人的な見解では、経済的に余裕があり、痛みにも耐えられそうな人は医療レーザー脱毛、それ以外の人は光脱毛がおすすめです。医療レーザーの痛みについては最近では無料で麻酔オプションをつけてくれるクリニックも増えてきました。麻酔の取扱いがない又は有料の場合は、事前にスタッフと相談し、レーザーの威力を下げることで痛みは緩和されます。(ただしレーザーの威力を下げた分、効果は落ちます)

(2)脱毛部位と価格で選ぶ

「ヒゲだけの脱毛なら業界トップクラスで安い」「脱毛部位をピンポイントで選べて価格を抑えられる」「友達を紹介すると割引をしてくれる」などクリニックによって価格設定が違います。「自分はヒゲだけ脱毛すればよいのか」あるいは「ヒゲ以外の部位も今後脱毛したいのか」を事前に決めておくことが大事です。また「最初はヒゲだけのつもりだったけど、ヒゲ脱毛をしているうちに他の部位も気になった。気づいたら結局全身脱毛していた」というケースもあります。私も最初は口周りのヒゲだけのつもりでしたが、脱毛している内に顔全体のムダ毛が気になるようになりました。最初から顔全体のセットで契約すれば安くなるはずでしたが、後から部位を追加したため若干割高になってしまいました。冷静になり自分が考える脱毛の理想的なゴールを具体的にイメージしましょう。

(3)店舗数の多さで選ぶ

例えば店舗数の多い脱毛クリニックであれば「平日は職場の最寄駅の店舗で施術し、休日は自宅近くの店舗で施術する」なんてことも可能です。また施術を担当してくれるスタッフを替えてほしい場合、ほとんどのクリニックでは受付で相談すれば対応してもらえます。しかし、「そのまま同じ店舗に通い続けるのはどうしても気が引ける」と感じる人が多いはずです。利便性や気持ちよく通い続けるためには店舗数の多さもクリニック選ぶのに1つの基準となります。

(4)予約の取りやすさで選ぶ

仕事で忙しいビジネスパーソンにとっては大事なポイントです。「平日は仕事が忙しくて通えない。かといって休日は予約がいっぱい。」となってしまうと脱毛完了までの道のりも遠くなってしまいます。休日の予約状況や、平日の遅くまで営業しており仕事帰りでも通えるかどうかについては事前に確認をしておきましょう。また自分が使いやすい予約システムかどうかも把握しておきましょう。電話や来店時の次回予約以外にも、Web予約やLINEでの予約などの気軽に使えるシステムを導入しているクリニックも増えています。この他、キャンセル料金についてもしっかりチェックをしておくこともおすすめです。ビジネスパーソンの場合、「急な残業で今日予約していたけど行けなくなった」という可能性も大いになります。残念ながら当日キャンセルはキャンセル料が発生するクリニックも多いです。「キャンセルは○日前の○時まで」と注意書きがあるはずなので、必ず確認するようにしましょう。

(5)男性専門のクリニックかどうかで選ぶ

女性と男性の両方に対応している脱毛クリニックでは、待合室も男女同じ部屋です。「異性にみられるのは少し恥ずかしいなぁ」とお考えの方の方には男女兼用の脱毛クリニックは向いていないかもしれません。また男性専門のクリニックは男性に特化しているので、男性特有の悩みを解決できるノウハウが豊富にあります。ヒゲ以外にも悩みを抱えている方にはおすすめです。

まずは脱毛クリニックの無料カウンセリングを受けよう

本気で青ヒゲの悩みを解決したいのであれば、やはりもっとも効果の期待できる脱毛クリニックが圧倒的におすすめです。とはいえ「せっかく高いお金を払ったのに全然効果が出なかったらどうしよう」と不安に感じている人も少なくないはず。そんな人はまずクリニックの無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。私も脱毛についてほとんど知識のない状態でカウンセリングを受けてみましたが、脱毛のプロから脱毛の仕組みやスケジュール、脱毛に関わるリスクまで具体的かつ丁寧にお話ししてもらえました。カウンセリング前に抱えた悩みも全て解消したうえで、施術に臨むことができました。

脱毛と一口に言ってもヒゲの悩みや肌の状態など、人によって抱える問題が違います。また脱毛のプロに相談することで、自分がいままで気づかなかったヒゲや肌の状態を知るきっかけにもなります。まずは無料でカウンセリングを受けてみませんか。

関連記事

  1. 男性の脱毛は何回通院すれば綺麗になる?目安となる回数とは

  2. レペゼンDJ社長は新宿ゴリラクリニックで全身脱毛しているとい…

  3. メンズの頬毛・ほほヒゲの脱毛はメリットだらけ!頬のムダ毛処…

  4. 小鼻の黒ずみや毛の処理方法3選【オススメはメンズ脱毛】

  5. 青髭にならない方法!一時的と根本から解決する方法を解説

  6. 剃ってもひどい青髭には脱毛しかない!青髭を改善する方法を紹介…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧