男が美容皮膚科に行くのは恥ずかしい?男性も美容医療が当たり前の時代に

海外では、「他人からどう見られているのか」を意識しない男性は、ビジネスマンとしても失格と言われるように、ネイルやスキンケアは身だしなみの1つと考えられています。
日本でも、美意識が高く日頃から肌のお手入れに余念がない人を、「美容男子」と呼ぶようになりました。メイクやスキンケアは「男の身だしなみ」であり、美しくありたいのは女性だけの時代ではなくなっています。
コロナ禍の影響もあり、美容医療を受ける男性の姿が増えてきました。
噂は聞いているけれど「美容医療とは」「エステとは違うのか」「具体的に、どのような施術を受けているのか」など、謎が多く一歩踏み出せない男性も多いのではないでしょうか。
そこで、美容に興味をお持ちの男性のために「メンズ美容医療」について解説します。
美容医療についての知識を得ることで、自分に必要な美容医療や求めている美容医療がわかります。

男性のための美容医療とは

男性のコスメブランドが次々と発表され、ジェンダーレスな世の中になったことで、男性の美容医療に注目が集まっています。

今まで男性の美容医療といえば「AGA(男性型薄毛)」や「ヒゲ脱毛」でした。これらも「本当に困っている人」が治療するイメージが強く、悩んでいても美容医療に踏み込まずに鬱々と過ごしてきた方もいるのではないでしょうか。

平成令和と時代の変化と共に「美しさ」は女性だけが求めるものではなく、男性も美容にこだわることは当たり前になっています。

美容医療の環境改革

美容皮膚科は女性が多く男性は入りにくいイメージがありました。近年では、メンズ専門外来や専門クリニックなども増え、男性も通いやすい環境が整っています。

また、スタッフに男性を起用することで「気軽に相談しやすい」「悩みを打ち明けやすい」環境になっています。

プライバシーにも配慮した待合室や診察室など、男性が気兼ねなく美容医療を受けられるように環境も変化しています。

SNSの普及によって男性の美意識が向上

InstagramやWearなど、自撮りをアップして多くの人に見てもらうSNSの利用によって男性の美意識が高まってきました。

自分を良く見せるための、身だしなみとしてのメンズコスメが普及し、男性用コスメカウンターが百貨店に登場したのも記憶に新しいところです。

コロナ禍での生活様式の変化

メンズコスメは「自分を良く見せる」「身だしなみ」として、幅広い年代層に浸透しています。ところが、マスク生活が長くなったことで、ニキビなどの肌荒れで悩む男性が増えてきました。

また、リモートワークになったことで、より身だしなみやオンライン映えに気を使うようになり駆け込みで美容医療を受ける方の姿も見受けられます。

リモートワークを経験した方は、わかるかと思いますが、会社で見慣れた顔もオンラインでみるとかなり印象が変わります。衣服の影響もありますし、コロナ疲れが顕著に画面に出てしまう事で「老けて見える」「顔色が悪く見えた」など、自分の見た目に愕然とする方もいます。

男性は紫外線対策にも無頓着な方が多く、マスク生活で一気に肌に変化を感じるようになっています。特にミドルエイジは、肌荒れケアだけでなくエイジングにも着目し、美容医療で健康な美しさを手に入れる時代です。

肌荒れやニキビは、生活習慣の乱れによってもおこりますがおこりますが、マスクが大きな原因となっていることは確かです。

肌荒れ予防には、日常的なケアだけでなく医療の力が必要です。美容医療を受けることで、肌ケアへの意識だけでなく、身だしなみを継続させるために必要であることを認識できます。

メンズ美容医療のススメ

多様性の時代になり、美容医療は女性だけでなく男性もその恩恵を受けるのが当たり前になっています。

メンズ雑誌でもコスメ特集がされるなど、「美容に関心があるのは若者」なイメージがありますが、実際に美容医療を受けにクリニックに訪れるのは30代後半から50代の男性です。

10代や20代の若者は「美容には興味がある」ものの、美容医療は治療費がかかることから、現状維持のためのスキンケアに力を入れています。

肌の老化は20代後半から顕著に現れます。普段からスキンケアは身だしなみとして生活に取り入れていると、「自分は大丈夫だろう」と変化に気づきにくい一面があります。

女性のように時間をかけてスキンケアやメイクしている男性が少ないこともありますが、「男のシワは勲章」など古い考えから抜け出せずに美容医療を遠ざけているのです。

しかしながら、早い段階で肌トラブルや老化に気づき治療することで、現状回復や維持ができるようになります。

このことで、男性にも様々なメリットが生まれ見た目だけでなく、精神的な安定を得られるようになるのです。

清潔感がアップする

清潔感がある男性は、女性から好意を持たれやすいと言われています。ところが、男性の考える清潔感と女性が理想とする清潔感には誤差がある為、「頑張っているのにモテない」「あまり好印象を持たれていない」ように感じてしまいます。

美容医療で清潔感をアップするポイントは3つあり、それは頭髪・肌・ヒゲです。

髪を整えるのは基本中の基本、伸びきった髪は衛生的ではありませんから、定期的な散髪が好ましいわけです。また薄毛や抜け毛で悩んで悩んでいる方には、AGA(男性型薄毛)治療が有効です。

ニキビやシミは、男性でも気になるもの。特に目立つような肌トラブルは、早期の治療で治してしまえば一気に清潔感がアップします。

ヒゲに関して言うと、職業によってアリと答える女性はいるものの、通常のビジネスマンには不要と考えている女性が圧倒的です。きちんと手入れされたヒゲの好感度は高いようですが、剃り残しや青ひげは不衛生な印象を周囲に与えます。

美容医療を利用し、この3つのポイントをJクリアすれば清潔感が一気にアップします。女性の求める美しさとは違い、男性の美容医療は「カッコよさ」や「好印象」に繋がる清潔感を得ることにあるのです。

ビジネスでの好感度アップ

美容医療によって清潔感がアップすれば、異性だけでなく同性から好感を持たれるようになります。自分に投資ができる、自分を客観的に見つめられる人は、仕事に対しても誠実でクリエイティブな印象を与えます。

会社での評価はもちろんですが、取引先とのビジネスシーンでも好感度が高い方が成功に繋がりやすいのです。

悩みの改善

肌荒れは外的な要素もありますが、喫煙や飲酒、紫外線などの日常的な積み重ねによって深刻な状況に陥っていきます。

特に「老け顔」はマイナス要素しかありませんし、スキンケアだけでは限界があります。生活リズムを整えるとともに、積極的に美容医療を受けることでエイジングケアにもなり、悩みの解決に繋げられます。「年齢相応の清潔感」や「健康的な肌」は人生のプラス要素です。美容医療を受けることで悩みが改善されれば、自分に自信が持てるようになり前向きになれます。

前向きな気持ちになれば、仕事にも身が入るようになり、人生の転機を迎えることもできるのです。

エステとは違う医療効果が得られる

痩身や脱毛だけでなくフェイシャルエステなど、メンズエステもメニューが豊富になりました。エステでは期間限定のキャンペーンなどもありますので、比較的気軽に施術を受けられます。

施術によっては、即効性を感じられますし、リーズナブルな料金で利用できるなどメリットもたくさんあります。エステシャンは「美容のプロ」ですから、肌の悩みや美を追求するのであればエステで十分と感じてしまうかもしれません。

ですが、美容医療は医療技術と医療知識を持った医師が診察し、その人の悩みや状態に合わせて治療します。エステの施術には「リラックス効果」もありますので、心身の開放感や即効性を求める人にはエステが向いています。

美容医療は、即効性こそはありませんが「根本的な解決」のために患者と時間をかけて治療することが目的です。医療行為ですから、安全性や信頼性も高く「繰り返さないための治療」や「アフターケア」が特徴です。

肌が持っている回復力を引き出し、現状回復や維持のための治療ですので、過剰な若作りではなく年相応に健康で満足できる結果を生み出します。

美容医療と美容整形の違い

近年では「メスを使わない美容医療」が注目されています。たとえば、一重瞼を二重にしたり、鼻筋を高くすることは、治療ではなく整形です。このような医療も、美容医療の1つではありますが「今の自分を変える」意味では治療とはいいません。

別の自分になれる美容整形

自分の現状に満足いかない、いわゆる容姿にコンプレックスがある場合「顔を変えることで、前向きになれる」「自信を持って生きていきたい」ために、美容整形を選ぶ方がほとんどです。

美容整形は悪いことではありませんし、整形することで「新しい人生を生き直したい」人には非常に有効な手段です。美容整形は永遠ではありませんし、肌の衰えとともに効果が失われていきます。

これは、人の体には再生能力があるので本来の形に戻ろうとする力が、メスを入れた部分に影響することで起こります。また、行き過ぎた整形は骨に負担をかけてしまいます。

自分に自信が持てるようになる美容医療

美容医療は、メスで形を変えるのではなく本来の姿に戻るための手助けをする治療行為です。

肌の美容医療は、肌荒れや老化の原因となる細胞の機能低下や肌細胞の減少を直接治療し修復します。

治療によって肌細胞が定着すれば、健康で若々しい肌になりますので自分に自信が持てるようになります。

また、ヒゲ脱毛するだけでも、肌の調子が良くなりますので肌トラブルの予防にも繋がります。このように老化の進行を食い止めたり、肌トラブルの予防や治療を受けることで、気持ちも前向きになり生活水準の向上にも繋がります。

メンズ美容医療人気のメニュー

コロナ禍を機に、男性の美容医療通いが増えています。ニュースでも取り上げられることもあり、その多くがビジネスマンであることに驚きを隠せない方もいるのではないでしょうか。

気軽に始められる、ニキビや肌荒れの治療から始まり、本格的な美肌ケアに移行することも少なくありません。

また、身だしなみが整うことで、本来の悩みを美容医療で解決したい男性も増えています。身だしなみとして、自分磨きのためにメンズ美容医療を始めませんか?

ニキビケア

ニキビは皮脂の過剰分泌が原因で起こる皮膚病のひとつです。主に思春期に多く見られ、成長と共に少なくなります。ところがコロナ禍で生活リズムが狂い、ストレスを感じるようになると大人ニキビを発症します。

また、マスクマスク生活が長くなったことで、マスクに触れている部分に雑菌が発症しやすくなり治りにくくなっています。このニキビを放置してしまうと、炎症を起こし跡が残ります。そうなる前に、投薬による治療、肌の状態に合わせた治療(ピーリングやレーザー)、院内コスメによる治療がおすすめです。

ダーマペン

肌の表皮はターンオーバーによって生まれ変わっていますが、肌の弾力(エラスチン)や潤い(ヒアルロン酸)、ハリ(コラーゲン)は線維芽細胞が作り出しています。健康で若々しい肌を保つためには、この線維芽細胞が働き美容成分を作り出しておくことが大切です。ニキビや肌荒れなども、この線維芽細胞が多いと治りやすいのですが、加齢によって新陳代謝が低下することで線維芽細胞が減少します。

加齢以外にもストレスや喫煙による活性酸素、紫外線なども原因です。男性の場合、女性より紫外線ケアに無頓着なこともあり、年齢関係なく線維芽細胞が減少しやすくなっています。

ダーマペンは、ニキビ跡や小じわ、毛穴開きに有効な施術です。細い針を使い、肌を傷つけることで回復力を向上させ、肌を回復させていきます。針の深さを傷や状態によってコントロールし、線維芽細胞を活性化できるのは美容医療の力です。

・ニキビ跡で悩んでいる

・目元の小じわを改善したい

・毛穴の開きが目立つ

このような肌悩みのある男性に人気の施術です。

ケミカルピーリング

女性の肌ケアではお馴染みですが、男性が日常的なケアにピーリングする事は少ないと思います。一般的にピーリングというと、AHA(フルーツ酸)やBHA(サリチル酸)配合のジェルなどを使って古い角質を落とすスキンケアです。

メンズコスメにも、洗顔しながらピーリングできる洗顔フォームなどがありますので自宅でも簡単にケアができます。ところが、市販で購入できるピーリング剤では厚くなった角質をしっかり落とせません。

そもそも、男性の肌は女性より厚みはあり水分量が少なくデリケートです。力任せにこすってしまうと、新たな肌トラブルに繋がってしまいます。

肌の角質は、ターンオーバーによってはがれ落ちていますが、加齢によってこのサイクルが乱れてしまうと、肌がごわごわしたり、くすんで顔色が悪くなってしまいます。角質に厚みがあると、毛穴も目立ちますし、ニキビや肌トラブルに繋がりやすくなります。

ケミカルピーリングを受けると、肌トラブル予防にもなりますし、透明感のある艶やかな肌に生まれ変わります。

・肌トラブルの予防をしたい

・肌のくすみが気になる

・スキンケアの効果が感じられなくなってきた

・肌がごわついている

このような悩みにおすすめの美容医療です。

HIFU(ハイフ)

肌のたるみ、特に「ほうれい線」があると、年齢よりも老けて見えます。今までは、ボトックスやヒアルロン酸注入などを線維芽細胞に注入し、リフトアップするのが一般的な美容医療でした。

最近では、線維芽細胞の活性化に加え、肌の筋肉である表情筋を支えるSMAS筋膜を鍛えることが根本的な治療であると考えられています。顔の筋膜は、顔全体に張り巡らされており、土台の支えにもなっています。

このSMAS筋膜は、コラーゲンとエステラチン線維で網目状に作られています。顎の偏った使い方、頬杖をつく癖、同じ方向で眠るなど、筋膜がよじれが肌のたるみにつながります。

HIFU(ハイフ)は、皮下組織や表情筋を支えるSMAS筋膜に超音波を与え、引き締めやリフトアップ効果が期待できます。肌のたるみと引き締めを同時に治療して、ハリのある肌を取り戻したい男性に人気の施術です。

ジェネシス(レーザー治療)

真皮乳頭層の微小血管を加熱収縮させて赤ら顔を改善し、浮き出た毛細血管も解消します。

ジェネシスは肌質改善のためのレーザー治療です。アトピー治療などで使われているYAGレーザーが進化した、最新医療です。ジェネシスはピーリング、肌のひきしめ、たるみ毛穴と3つの悩みを同時に解決します。

・毛穴のたるみや開きが気になる

・肌のごわつきやざらつきを改善したい

・目の下のくまが目立つ

・赤ら顔で悩んでいる

ハイドラフェイシャル

角質や皮脂を皮脂をきれいにし、美肌効果を得られます。ケミカルピーリングと比較されることもありますが、ハイドラフェイシャルは美容成分を浸透させながらピーリングするのが特徴的です。

ケミカルピーリングは薬剤を使って古い角質を落としますが、ハイドラフェイシャルは水の力を使って毛穴の奥の汚れをかきだし、美容成分を注入します。同時に行うことで肌への負担を最小限度に抑えますので、肌の弱い方や敏感肌でも安心して治療を受けられます。

古い角質を落とすだけでなく、ディープクレンジングするので本来の健康な肌を取り戻せます。痛みや刺激がほとんどありませんので、「美容医療を受けた」ように見えないのもメリットです。仕事帰りにクリニックに立ち寄っても、翌日に残らないので周囲に知られることもありません。

・ニキビや肌のサラツキが気になる

・毛穴の黒ずみで顔色が悪い

このような悩みを抱えている男性で、ケミカルピーリングよりも高い効果を期待する方におすすめします。

ボトックス治療

眉間のシワや額のシワは、老け顔に見えてしまうだけでなく「気難しい」「怒っているようで怖い」など周囲にネガティブな印象を与えてしまいます。

特に男性管理職は、好感度が低いと仕事がしにくく、パフォーマンスが落ちてしまうなどのデメリットに繋がります。

特に、仕事中はマスクで顔が隠れてしまい、目元だけでしか相手の表情が読み取れません。ボトックス治療で目元の深い皺を改善すれば、優しくダンディな印象に変わります。

・深く極まれた表情シワを改善したい

特に40代後半から50代の男性に人気の治療法で、口元の小じわにも効果的です。

ヒゲ脱毛

身だしなみの1つとして、ヒゲ脱毛を始める男性が非常に増えています。脱毛サロンでは格安で痛みもすくない脱毛ができることで話題ですが、近年では「仕上がりが早くきれいな医療脱毛」の人気が高まっています。

メンズ専門のクリニックが全国に増えたことに加え、「ヒゲの形を整えたい」などデザインにもこだわって脱毛する方が増えたことも医療脱毛人気に繋がっているようです。

脱毛サロンと比べると、「医療脱毛は高額」「医療脱毛は痛みが強い」イメージを持っている方がいるようですが、それはひと昔前のことで、レーザーの使い分けや麻酔の使用、お得なキャンペーンやヒゲの濃さによって選べる多彩なコースが用意されています。

「デザインして残したい」「カッコよくヒゲを残したい」ニーズにもぴったりです。ヒゲ脱毛だけで、肌トラブルの予防や減少にも繋がりますので、美容医療の取っ掛かりとしてチャレンジできます。

30代以降のサラリーマンに人気で、効果が早くに感じられることや通く回数が短く短期間で悩みを解決できるのが人気です。

ワキガ・多汗症治療

ワキガや多汗症治療は年々右肩上がりに患者数が増えている症例の1つです。そもそも日本人はきれい好きです。入浴文化があり、毎日入浴したりシャワーすることで汗とニオイを落とす習慣があります。

このことからも、体臭に関しては非常に敏感で消臭グッズは季節を問わず売れています。このワキガや加齢臭などは、ニオイを発する本人は順応しているために気づかないことが多いです。そのため、家族やパートナーに指摘され治療に訪れることも少なくはありません。

ワキガは周囲に不快感を与えてしまうのでコンプレックスになりやすく、人間関係や仕事でもデメリットに感じることが多くなります。ワキガの状態によって、手術かボトックス注射による治療を選択できます。ワキガは男女関係なく、遺伝や体質で発生します。日常的に困っているのであれば、早めの治療で悩みを解決しましょう。

AGA治療

抜け毛は誰にでもあるものですが、大量の抜け毛や抜けて髪が生えてこないのはAGA(男性型脱毛症)です。特に病気ではありませんが、そのままにしておくと髪はどんどんと抜け落ちて生えてこなくなります。

「薄毛が遺伝だから仕方がない」と諦めている方もいますが、マスクすると目線がマスクから上に向くことから、AGA治療に積極的な男性が増えています。まずは、薄毛の進行を食い止め、土台を作った上で髪を生やしていくのがAGA治療です。

毛穴が生きている限り、治療で健康な髪を生やすことはできますし、見た目にも健康な髪が生えている方がアクティブな印象を周囲に与えます。頭皮も顔も1枚の皮膚で繋がっています。頭皮の健康と肌の美しさや健康、どちらも同じように大切なものですから全体的な美しさを考え美容医療に向き合ってはいかがでしょうか。

メンズ美容医療はゴリラクリニックへ

男性の美容医療への興味は年々高まっています。特に美意識がジェンダーレスによって変化していることもありますが「男性専門クリニック」ができたことで、気軽に相談しやすくなった、通いやすくなったこともあるでしょう。

男性の美容医療は、見た目の美しさにこだわったイケメン製造のための治療ではありません。コンプレックスを解消したり悩みを解決することで、「自信が持てる自分になること」「外見も内面も磨うカッコイイ大人」になれるのが美容医療が持つ力です。

ゴリラクリニックは、ニーズの高いヒゲ脱毛やAGA治療、ワキガ治療はもちろんのこと、エイジング治療まで幅広い美容医療に対応しています。男性スタッフも多く、気軽に相談することもできますので、美容医療に興味がある・肌悩みやコンプレックスを治療で改善したい方は、ぜひゴリラクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ヒカル美容

    YouTuberヒカルが本気の肌荒れ改善!使っているサプリメ…

  2. コメドとは?ニキビ対策ならクリニックがおすすめ!

  3. メンズの肌悩みはゴリラクリニックのスキンケア治療で解消!

  4. 冬の頭皮フケは乾燥が原因!かゆい・ヒリヒリする場合は頭皮用の…

  5. 髪の毛が細い・柔らかいメンズに似合う髪型は?セットの方法など…

  6. 頭皮のヒリヒリや乾燥フケにはコレ!おすすめ頭皮保湿ローション…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧