酵素洗顔パウダーの使い方とおすすめBEST8【男性にもおすすめ】

スキンケアに気を使う美肌志向の男性が増える中、洗顔時に酵素洗顔料を使用する方が増えてきています。酵素洗顔料はタンパク質や皮脂を分解・除去する働きがあるので、角栓や毛穴の詰まりを洗い流すのに非常に効果的なスキンケアアイテムです。

また、角栓や毛穴の詰まりを分解・除去することにより肌のくすみが取れて、肌のトーンが明るくなるメリットもあります。

本記事では酵素洗顔料の選び方、選ぶ上での注意事項を解説した上で、男性におすすめの酵素洗顔料を8商品紹介します。

酵素洗顔パウダーの使い方

使い方としては通常の洗顔料同様、水と一緒に泡立てネットなどで泡を立てて使えばOKです。

まず酵素洗顔料の選び方を紹介する前に、酵素洗顔料の使用時における注意事項を最初にお伝えします。

敏感肌やアレルギー肌の方は使用を控える

酵素洗顔料には天然成分の酵素が使用さているため、肌に優しい印象がありますが、必ずしもそうとは限りません。酵素洗顔料の洗浄成分によってアレルギーを発症したり、肌に異常をきたしたりする人がいるのも事実です。

酵素洗顔料を使って強い刺激を感じたり、ピリピリした痛みが出たり、洗顔後肌に赤みが出た場合には、酵素洗顔料が肌に合っていない可能性も考えられますので、使用を控えた方が安心です。

洗いすぎ=皮脂や角質の過剰な除去に気を付けて使用頻度を考える

もう一点押さえておきたいポイントとしては「皮脂や角質の過剰な除去」です。古い角質や皮脂が取り除かれると、肌はまた新しい角質を作ろうと機序しますが、皮脂や角質がない状態が続けば、その分肌も一生懸命に角質を作り続けるわけです。
その結果、肌は通常よりも皮脂を分泌しやすい肌になってしまいます。

そうなれば余計に角質も溜まりやすくなり、酵素洗顔を毎日使わなければ追いつかなくなってくるでしょう。それでは本末転倒です。

洗顔の頻度を増やしてしまえば、その分、肌に負担がかかり、肌が刺激に耐えようとして表面が硬くなってくる場合もあります。角質や皮脂は詰まっているとスキントラブルの要因にはなりますが、一方で角質や皮脂は必要なものでもあります。

角質によって刺激や紫外線、細菌などから肌を守ってくれているのですが、酵素洗顔を間違った使い方で使用すると、必要な角質までが洗い流されてしまいます。必要な角質まで洗い流されてしまうと炎症や乾燥といったトラブルを引き起こしやすくなるでしょう。酷い場合は、敏感肌やインナードライ肌を発症し、さらに毛穴の黒ずみを余計に目立たせてしまうことにもなりかねませんので、正しい使い方をすることが重要です。

酵素洗顔パウダーの選び方

上記の注意事項を踏まえて、酵素洗顔料は下記3つのポイントで選ぶことをおすすめします。

酵素洗顔パウダーの選び方
  • 1. 酵素以外の洗浄成分で選ぶ
  • 2. 肌への刺激が少ない成分で選ぶ
  • 3. 泡で選ぶ
自分の肌に合うかどうかを重要視しましょう

酵素以外の洗浄成分で選ぶ

酵素には古い角質や黒ずみを分解する効果がありますが、だからといって洗浄ができるものではありません。そのため、酵素洗顔料には酵素とは別に「洗浄成分」が含まれているのが一般的です。

時々「酵素洗顔は自分には合わなかった」という人がいますが、実は酵素ではなく、洗浄力が強過ぎることが、注意事項で挙げたようなスキントラブルを引き起こす原因です。ゆえに、酵素洗顔料を選ぶ際は洗浄成分を確認するのがおすすめです。

洗顔料の成分で洗浄力のあるものは、「純石鹸」と「界面活性剤」です。
基本的に酵素洗顔では、酵素と石鹸だけで十分洗浄ができますので、余計な刺激を受けたくない人は「純石鹸」が配合されているものを選ぶと良いでしょう。
また、それでも刺激が強いという場合は、石鹸よりも刺激の弱いアミノ酸系の界面活性剤が含まれている商品がおすすめです。

肌への刺激が少ない成分を選ぶ

酵素洗顔はパウダータイプのものがほとんどですが、パウダータイプの場合は水分が含まれていないため、安定剤や防腐剤などの添加物が必要ないものもあります。ゆえに肌への刺激が不安な方は酵素以外の成分が無添加であるものがおすすめです。

肌質は人それぞれですが、年齢や体調によっても変わることもよくあるので、使っている酵素洗顔料が合わないと感じたらより刺激の少ない酵素洗顔料に替えてみるのがおすすめです。

泡で選ぶ

酵素洗顔はたっぷり泡立てて洗顔をするのが正しい使用方法です。
指や手で、毛穴が目立つ箇所を擦ったりしなくても、たっぷりの泡立てた酵素を肌に乗せるだけで角質や皮脂はしっかりと分解されますので、酵素洗顔料を選ぶ上で泡立ちは非常に重要です。YouTubeなどで酵素洗顔料を紹介する動画も結構アップされていますが、気になる商品の関連動画をチェックする際は泡立ちにも注目して視聴しましょう。

それでは上記を踏まえて男性におすすめの酵素洗顔料を紹介します。

おすすめの酵素洗顔パウダーBEST8

スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ(カネボウ)

酵素洗顔料でも1、2を争う人気を誇るのがカネボウが販売しているスイサイ 洗顔パウダービューティクリアパウダーウォッシュです。

タンパク質を分解する酵素のプロテアーゼと、皮脂を分解する酵素のリパーゼが、毛穴の奥で固まってしまった汚れを綺麗落としてくれる酵素洗顔料です。香料や着色料は一切含まれていないため、強い刺激物が含まれていないのもおすすめポイントです。

保湿成分は「豆乳発酵エキス」を使用しており、肌の酸化を予防してくれる効果も期待ができます。

スイサイ ビューティクリア ブラック パウダーウォッシュ(カネボウ)

①で紹介したスイサイ洗顔パウダー、ビューティークリアパウダーウォッシュにおける男性用に特化したバージョンです。包装がシックなブラックになり、男性向けに特化している事が一目瞭然で分かる商品です。従来のバージョンが潤いのあるツルスベ肌を目指すベクトルなのに対して、こちらの商品は過剰な皮脂を吸着して絡み取り、サラサラ肌を目指すベクトルで開発されています。

この商品の従来のバージョンにはない特徴を説明すると洗浄成分が強化されています。
男性は女性より過剰な皮脂の分泌により肌のテカりやベタつきに悩まされている方が多く、それらを除去することに特化した成分(炭・モロッコ溶岩クレイ・ラウリン酸K)が含まれています。従来バージョンでも洗浄成分は入ってますがこの商品と比べるとマイルドであるため、脂性肌で肌のテカり、ベタつきに悩まされている方にはこちらの商品の方がおすすめです。

40万人の男子が読んでいる一人暮らしモノメディア「monograph」編集長の堀口英剛さんもこの商品を愛用しています。

毛穴撫子男の子用 重曹スクラブ洗顔(石澤研究所)

もう一点、男性に特化した酵素洗顔料を紹介します。
石澤研究所の開発した毛穴撫子男の子用 重曹スクラブ洗顔です。
個性的で一度見たらなかなか忘れられないインパクト充分なパッケージングのこの酵素洗顔料は重曹パウダー+パパイン+スクラブのトリプルパワーによって頑固な角質や黒ずみをスッキリ落としてくれます。必要な角質は残してくれるパパイン酵素が働き、肌が無防備状態にならず、安全に角質ケアを行うことができます。
無色素・無香料・無鉱物油・バラペンフリーです。
保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンを配合しています。
爽快なユーカリの香りが印象的な酵素洗顔料です。

オバジC 酵素洗顔パウダー(ロート製薬)

美容医療の先進国でアメリカ発のスキンケアブランドで、その多くの商品が美容皮膚科など医療機関でも販売されているObagi(ロート製薬)が開発した酵素洗顔料です。

Obagiブランドの特徴であるビタミンCを配合しています。酵素成分にはプロテアーゼが使用されており、角質の成分となるタンパク質を分解します。さらに、皮脂の分解成分であるリパーゼが加わることで、黒ずみの原因となる皮脂まで綺麗に取り除いてくれます。

洗浄剤は肌に優しいアミノ酸系です。
また、汚れを落とすだけではなく、洗浄した後の炎症を抑えるビタミンCも含まれており、色々と肌に優しい要素の強い酵素洗顔料です。

有名皮膚科医の友利新医師もこの商品をベスト酵素洗顔料として一番最初に挙げています。

ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー(第一三共ヘルスケア)

ミノンは敏感肌や乾燥肌の方向けに低刺激スキンケアアイテムを販売しているブランドです。
そのため、この酵素洗顔料は敏感肌や肌が繊細な方でも安心して使えるのが大きな魅力です。

肌に優しいとなると、角質の除去力も弱くなると思われがちなのですが、この酵素洗顔料はしっかりと効果が実感できる酵素成分(プロテアーゼ)を配合しつつ、その分肌の保湿・潤い成分も配合しています。

バリア機能をサポートする9種類の保潤アミノ酸、肌のキメやハリ、艶感をサポートする2種の清アミノ酸が採用されており、敏感肌をしっかり守りながら、角質、毛穴の黒ずみの元となる皮脂の詰まりを分解できる酵素洗顔料です。

Papawash パパウォッシュ(ESS)

Instagramでも登場頻度の高い酵素洗顔料です。

パパウォッシュは、1985年から35年以上販売されているロングセラーであり、元祖酵素洗顔料とも言える商品です。天然パパイン酵素成分を配合しており、不要な角質やメラニンを分解して、くすみやザラつきのない肌に導いてくれます。
価格はやや高めの設定になっていますが、利用者の87%がリピートしており、利用満足度の高い酵素洗顔料として有名です。
泡立ちの滑らかさがクセになりそうな酵素洗顔料です。

いつかの石けん(水橋保寿堂製薬)

この商品は珍しい固形タイプの酵素洗顔料です。酵素洗顔料は最初のうちは2週間に1度、肌が慣れてきたら1週間に1度使用するのが一般的な使い方ですが、いつかの石けんは毎日の洗顔としても使えます。

1個で約2ヶ月間使えて、普段から優しく汚れを取り除くことによって、毛穴汚れを落としつつキュッと引き締まった毛穴に改善することができます。泡立ちも良く、泡を顔の上に30秒ほどパックするだけなので、これまでのゴシゴシと手指でこする洗顔とは全く違う洗顔スタイルになります。

酵素にはプロテアーゼを使用していますが、それ以外にも多元素共存ミネラルやココナッツオイルが豊富に含まれています。

ananなど女性週刊誌でも一時期よく取り上げられていた注目度の高い酵素洗顔料です。

米ぬか酵素洗顔クレンジング(みんなでみらいを)

最後にもう一つ個性的な酵素洗顔料をご紹介します。
みんなでみらいを社が製造販売している米ぬか酵素洗顔クレンジングです。

この商品は米ぬかと小麦ふすま(ぬか)だけが成分の無添加酵素洗顔料です。米ぬかが持っている植物性の酵素が含まれており、有益微生物の力でしっかり角質や皮脂を洗浄します。

強い刺激成分も含まれていませんので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。成分重視で酵素洗顔料を選びたい方であれば特におすすめできる商品です。

肌を洗浄するだけでなく、排水管も洗浄してくれる一挙両得なメリットを持った超個性的な酵素洗顔料です。

まとめ

男性にもおすすめの酵素洗顔料を8点ご紹介させていただきました。
記事内で触れた注意点なども理解して、ご自身の肌質に適した酵素洗顔料を選んで、角質や皮脂をスッキリと除去し、美肌ケアを効果的に進めましょう。

関連記事

  1. 髪の毛が細い・柔らかいメンズに似合う髪型は?セットの方法など…

  2. 美容男子が教える、本気で推せるメンズボディクリームとその使い…

  3. 【体験談】ゴリラクリニックのハイドラフェイシャル5回コース|…

  4. 冬の頭皮フケは乾燥が原因!かゆい・ヒリヒリする場合は頭皮用の…

  5. 無印良品ほか、メンズ向け洗顔フォームのおすすめ15選/肌質別…

  6. 男性は朝も洗顔すべき!その理由と朝にオススメの洗顔料

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧