メンズの脱毛は絶対医療脱毛!美容脱毛との違いや費用・おすすめクリニックを徹底解説

医療脱毛おすすめクリニック

「メンズ脱毛」という言葉がすっかり定着した昨今。
まだ脱毛の経験はないけど、男の嗜みとしてヒゲの脱毛をしてみたい!ムダ毛の処理をしてみたい!と考えられている方も多いのではないでしょうか? 本記事では、初めての脱毛を検討されている男性に脱毛を行うメリットやデメリットをお伝えした上で、メンズ脱毛で人気の部位の紹介や、医療機関における脱毛、「医療レーザー脱毛」の特徴など、クリニックの選び方をわかりやすく解説します。。

医療レーザー脱毛とサロン(エステ)での脱毛の違い

脱毛する手段は大きく分けて、免許を持った医師が在籍しているクリニックで提供されている医療レーザー脱毛とサロンやエステと呼ばれる医師免許なしで提供されている美容脱毛の2種類があります。

大きく言うと、医師の関与が必要かどうかが主な違いとなるのですが、これによる違いを詳しく解説します。

脱毛する機械の違い

医療レーザー脱毛ではアレキサンドライトレーザーやYAGレーザーといったレーザー脱毛機器を使います。美容脱毛では、多くの場合、IPL(Intense pulsed light)という光脱毛機器が使われます。

レーザー脱毛機器も光脱毛機器も原理は同じで、脱毛する部位に照射し、加熱することにより毛乳頭や毛母細胞、バルジ領域などの発毛組織にダメージを与えて、毛が生えてこないようにします。

レーザー脱毛機器は毛根にある毛母細胞を破壊できます。毛母細胞の破壊は医療行為に該当します。ゆえに脱毛サロンやエステではレーザー脱毛機器を取り扱うことができません。つまり、医療脱毛の方が、照射一回に対する効果が高いということが言えます。

施術者の違い

医療レーザー脱毛では医師・看護師といった国家資格を持った医療従事者が施術を担当します。美容脱毛ではサロンに所属しているスタッフが施術を担当します。美容脱毛における施術では資格の有無はありません。

出力の違い

医療レーザー脱毛における医療脱毛と美容脱毛における光脱毛における決定的な違いは出力の違いです。例えば同じ出力1という光、レーザーをメラニンに照射した場合、発毛組織に与える破壊力は光1、YAGレーザー5、アレキサンドライトレーザー10くらいの差があります。光の出力を5倍に上げるとYAGレーザーと同等、10倍に上げるとアレキサンドライトレーザーと同等の脱毛効果がでます。

しかし、光(IPL)脱毛で、5倍や10倍といった高い出力で脱毛をおこなうと、皮膚に火傷が起こるリスクが高まります。ゆえに美容脱毛は医療レーザー脱毛に比べて効果を出すために回数を重ねて照射する必要があります。

痛みの違い

医療レーザー脱毛では前述したように出力が強いので美容脱毛に比べて、痛みを感じやすい傾向にあります。ヒゲやVIOなどの部位は特に痛みを感じやすい部位なので麻酔が必要になるケースが多いです。

美容脱毛は出力が弱いため、その分痛みは医療レーザー脱毛に比べてマイルドです。

施術回数と期間の違い

医療レーザー脱毛の場合、前述したように脱毛機器の出力が強く、その分脱毛の進行も早いので施術回数は平均的に5~8回、クリニックに通う期間は約1~2年で完了することが多いです。

それに対して美容脱毛は医療レーザーに比べ、出力が弱く、進行も遅い傾向にあるので、施術回数は12~20回、サロンに通う期間は2~3年は必要になるケースが多いです。肌質や毛質によっては30回前後通う方もいます。

安全性・アフターフォローの違い

医療レーザー脱毛の大きなメリットとして、安全性が美容脱毛に比べて高いことが挙げられます。

万が一、脱毛の施術時に火傷などのトラブルが発生した場合でも医療レーザー脱毛の場合はクリニックに常駐している医師がすぐに診察・必要な処置を行うことができます。サロンやエステの場合はその場では対応できず、施術後に自身で皮膚科などに行くことになります。

また、施術後のアフターケアという点でもクリニックであれば脱毛後の肌の状態によっては抗炎症剤が処方されますが、サロンであれば保湿剤が渡されるだけに留まることが多く、この点でも医療レーザー脱毛の方が安全性という点では明らかに安心できます。

費用の違い

1回ごとの施術費用は、医療レーザー脱毛より、美容脱毛のほうが安価に収まることが多いです。しかし、美容脱毛は一時的に毛が減ったと感じても、施術を受けなくなると再び毛が生えてくるので、またサロンに通い続けなければいけません。施術回数が増え、施術期間が長引くと、その分費用がかさむ可能性もあります。

それに対して医療レーザー脱毛は一時的にランニングコストが高くなっても、施術が終わる回数・期間が美容脱毛に比べて短いので、トータルで見れば結果的に医療レーザー脱毛の方が安価に収まることもあります。

また脱毛効果に永久性が見込める点でも一度集中的にクリニックに通えば、トータルで美容脱毛よりコストが安価に収まる可能性は高いです。そのため、1回ごとの施術費用だけでなく、施術回数や期間などを踏まえ、予算を検討した方が良いでしょう。

安全性・1回あたりの効果・トータルコスト重視なら医療レーザー脱毛

上記の違いなどを踏まえて、当サイトでは基本的に医療レーザー脱毛をおすすめしています。
特に、安全性を重視される方には医療レーザー脱毛がおすすめです。

「まずは脱毛がどういうものか体験してみたい」、「やはり施術時の痛みが不安だ」という方はサロンやエステでの美容脱毛を試してみても良いかもしれませんが、本格的に脱毛をしていきたいと言う方は最初から医療脱毛のクリニックにカウンセリングにいくことを強くおすすめします。

メンズ医療脱毛でおすすめのクリニック

上記を踏まえ、医療脱毛を提供しているおすすめのクリニックをおすすめ順にご紹介します。

ゴリラクリニック

  • 全国に19医院の多店舗展開
  • 豊富なメンズ脱毛の実績数
  • 5種類の脱毛機器から選べる
メンズ医療脱毛の草分け的存在のクリニックです

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニックもメンズ医療脱毛を専門的に提供しているクリニックです。

  • 全国に24医院展開
  • 麻酔クリームと笑気麻酔の2種類の麻酔を併用
  • 3種類の脱毛機器から選べる
  • 「予約キャンセル料」「カウンセリング料」などの追加費用は発生しない

湘南美容クリニック

「好きな言葉は情熱です」のTVCMでも有名な湘南美容クリニック(SBC)は国内における美容クリニックのリーディングカンパニーです。メンズ脱毛も勿論対応しており、全国83医院で受けることができます。

  • 全国に83医院展開
  • 初診料・再診料無料
  • 期限・場所の制約なし

レジーナクリニックオム

藤森慎吾をイメージキャラクターにした広告で話題沸騰中のレジーナクリニックオム。
クリニック名通りこちらもメンズ脱毛に特化したクリニックです。現在、新宿/池袋/梅田の3院を展開しています。

  • 2種類の冷却機能付きの脱毛機を使用
  • 麻酔クリームや剃毛代が無料
  • キャンセル料金も無料

プラウドクリニック

プラウドクリニックは新宿/渋谷で2院展開している美容皮膚科です。

従来の医療脱毛はレーザーですがプラウドクリニックでは医療用の光脱毛を採用して、肌に優しい「ハイブリッド医療脱毛」を提唱しています。

  • 従来の医療レーザー脱毛に比べて痛みを軽減した施術
  • 麻酔も用意がある
  • 2019年に開院したばかりで院内が新しく、清潔感がある

メンズ脱毛が流行した背景

かつて日本国内において脱毛は特定の層における文化でした。

具体的に言えば経済的に余裕のある美意識の高い女性のための文化でした。

2000年代初頭から美容医療を提供するクリニックや脱毛サロンが増え始めて、脱毛がより身近な存在になりました。

2010年代に入るとかつては高級商材(ワキの脱毛だけで30万円前後)であった脱毛が各地で価格競争になり、初回であれば1,000円を切る価格でワキの脱毛を受けられる事も珍しくないほど脱毛は身近な存在になりました。

脱毛や美容医療が身近になり、それに対してお金をかける事が当たり前になってきた価値観の変化に伴い、男性にも脱毛の需要は増えてきました。

たとえば男性専門の総合美容クリニックでメンズ脱毛を中心に経営展開しているゴリラクリニックは2014年10月に新宿で創業。創業から7年が経過した現在は患者数が創業時の34倍まで増加し、クリニック数も全国に19院まで拡大展開しています。

近年はメンズ脱毛だけでなく、男性に特化したスキンケアアイテムが流行し、「美容男子」という言葉も生まれるほど美意識の高い男性が増えてきた時代背景からメンズ脱毛は今後も更に需要が拡大してゆくことが予想されます。

メンズ脱毛のメリット

ヒゲ剃り、ムダ毛剃りの手間やランニングコストがなくなる

人によっては毎日行うヒゲ剃りやムダ毛剃り。

永久性のある脱毛を行えば、その手間から解放されて、処理にかけていた時間を削減できます。自分では手が届きにくい背中やお尻といった部位も脱毛することができます。

また、自己処理を続けている限り、シェーバー代、替え刃代、シェービングフォームやアフタージェル、除毛クリームなどのランニングコストが必要になります。永久脱毛を行うことによりこのようなランニングコストの削減にもつながります

肌荒れやニキビに悩むことが少なくなる

毎日、かみそりやシェーバーでお手入れしていると、肌が荒れてガサガサになってしまったり、かみそり負けして血が出たり、吹き出物(ニキビ)が出たりすることもあります。

かみそりやシェーバー、毛抜きは毛穴を傷つけ、そこに細菌が入ってしまうと肌荒れや吹き出物ができてしまいます。

脱毛することで、自己処理を行う頻度が減り、また毛穴が引き締まる効果が期待できるので結果的に肌荒れや吹き出物で悩むことが少なくなります。

自己処理を行うたびに顔や背中の吹き出物がよく出る、または肌荒れを起こしてしまう方には脱毛はとても有効な防止策です。

美肌効果

美肌効果や清潔感アップを目的にメンズ脱毛を行う方も多いです。

脱毛は単純に毛をなくして、自己処理の手間を削減するだけでなく、実際に肌にも良い効果が見込めます。

脱毛は基本的に肌の奥に熱を伝えて行います。

それによって毛穴が引き締まり、肌内部のコラーゲンが増生され、肌にハリやツヤを内側から取り戻すことができます。

美肌で清潔感のある身なりはビジネスにおいても恋愛や婚活においても大きなアドバンテージになります。

体臭を軽減できる

脱毛をすることにより体臭を軽減できる効果が見込めます。

例えばワキやデリケートゾーン(VIO)、背中は、毛が密集しているうえに外気に触れにくい部位です。また皮脂腺も多く存在しています。

毛には汗や雑菌が付着することもあり、これらの部位は特に蒸れやすく雑菌が多量に繁殖しやすいと言えます。

脱毛をして毛の量が減ると、汗や雑菌が留まりにくくなるうえに通気性が良くなるため、雑菌が繁殖しにくくなります。ゆえに脱毛前に比べて体臭が軽減できる効果が見込めます。

好感度UP・コンプレックス解消につながる

口周りや腕など他人から見えやすい部位に毛が多いと清潔感がない印象になり、好感度が下がる要因になりますし、結果的にそれはいつしかコンプレックスへと発展します。

脱毛で毛量やデザインなどを整えることで、ビジネスや恋愛において好感度UP効果が見込めて、且つ自分自身のコンプレックスをも解消できる可能性があります。

メンズ脱毛のデメリット

施術時に痛みがある

脱毛は熱で毛根にダメージを与える施術です。

毛根に熱を伝えることにより、周辺の発毛組織にダメージを与え、脱毛効果が現れる仕組みになっています。

医療脱毛なら脱毛機器でレーザーを照射し、サロンなら光を照射することで脱毛を行いますが、どちらの場合も肌への刺激があるため、施術時には痛みが伴います。

脱毛する部位によっても、痛みの感じ方には違いがありますが、男性が脱毛したい人気部位であるヒゲやワキ、デリケートゾーンなどは特に痛みが強い部位です。

痛みについては個人差がありますが、よく言われるのはゴムでパチーンと弾かれるような感じの痛みです。この痛みが耐え難い方にとってはデメリットになりますし、逆に耐えられる方にとってはデメリットではありません。

継続的に通う必要がある

脱毛で十分な効果を得るには、定期的に施術を受けることが必要なため、クリニックや脱毛サロンへ足繫く通う必要があります。特に、脱毛サロンは脱毛完了までに数年通うケースが多いため、途中で通うのが億劫に感じたり、面倒に感じたりする可能性があります。

脱毛費用が必要になる

脱毛が一昔前に比べリーズナブルな価格設定になったのは事実ですが、やはり脱毛を完了させるためにはそれなりに費用が必要になります。

クリニックでも脱毛サロンでも、一括で脱毛料金を支払う以外に、ローンを組む、またはクレジットカードで分割払いにして、ランニングコストを抑える手段はあります。

長い目で見れば、前述したようにかみそり代などを支払い続けるより安く収まりますが、やはり一時的には自己処理を行うより出費は大きくなります。

後ほど脱毛の費用感については詳しく触れます。

脱毛効果には個人差がある

脱毛の効果にどうしても個人差があります。

個人差が出る原因は、ヒゲの濃さや太さです。

レーザー脱毛や光脱毛では、黒い毛に含まれているメラニン色素に反応する特殊な光を使って施術を行います。

そのため、照射を行う毛が濃い方がメラニン色素を多く含んでいるので、照射する光が反応しやすくなり、効果が出やすくなります。

逆に毛が濃くない方や、産毛程度の細い毛などはメラニン量が濃い毛よりも少ないため、十分に反応しにくい場合があります。

よって毛の濃さや太さによって脱毛の効果には個人差が生じてくるわけです。

イメージ的には濃く太い毛の方が脱毛を行うことが難しい印象がありますが、実際は逆に濃く太い毛の方が脱毛の効果を得られやすい傾向にあります。

脱毛中は肌のケアが必要になる

脱毛をしている間は肌が乾燥しやすくなるので、保湿ケアなどを行っておく必要があります。乾燥して肌が荒れていると脱毛ができないこともあるので、面倒でも続ける必要があります。

また脱毛は毛の黒色の色素に反応させて行うので、肌が日焼けして黒くなっているとやけどの危険があり脱毛が出来なくなってしまいます。

特に夏場に脱毛する場合は、日焼け止めなどを使用した日焼け対策が必須になります。

メンズ脱毛で人気の部位

メンズ脱毛において特に人気の高い5部位を紹介します。

ヒゲ(顔)の脱毛

やはりメンズ脱毛で一番人気の部位はヒゲ(顔)の脱毛です。

ヒゲの脱毛は前述したように下記のメリットが見込めます。

  • 毎日の自己処理の煩わしさを解消できる。
  • カミソリ負けで肌荒れすることがなくなる
  • ヒゲが少なることで肌がなめらかに見えるために、若々しく清潔感のある印象になる
  • 美肌効果(毛穴が引き締まる)

ヒゲ脱毛を行う注意点としましては、ヒゲは毛根が密集しているために伸びるサイクルが短いために、1,2回の脱毛では効果を体感しにくいところです。

半年~2年くらいのある程度長いスパンで複数回脱毛を行うことにより満足した効果を得ることができます。

また、鼻の下や口の下などは皮膚が薄く、知覚神経が密集していることもあり、痛みを強く感じる方も多いので、痛みに敏感な方は麻酔を検討した方が良いでしょう。

ヒゲ脱毛を希望する際、鼻の下と口の下ヒゲは残してアゴ下だけを脱毛する、というような細かな指定も可能です。

ひざ下(すね毛)の脱毛

メンズ脱毛でヒゲ(顔)の次に人気の部位はひざ下(すね毛)の脱毛です。

6月中旬~9月後半のシーズンはハーフパンツを履いて過ごされる方も多いことでしょう。その際にひざ下のすね毛が密集していると、見栄えは悪く、清潔感に欠けた印象を周りの方に与えてしまいます。

また、日常生活において長い靴下を履くと蒸れるというお悩みも、すね毛を減らすことで蒸れを予防することができます。

ひざ下脱毛の施術時の痛みや施術する回数は個々の毛量や濃さなどによって変わってきますが、毛量が多く、濃いすね毛の方がレーザーや光が反応しやすいため、痛みは感じやすいけれども効果は出やすい傾向にあります。

VIOライン(アンダーヘア)の脱毛

海外では男性の身だしなみとして常識的に行われているVIOライン(アンダーヘア)の脱毛が、日本国内でも徐々に当然の身だしなみとして認知され始め、需要が拡大しています。

VIOの各部位の一般的な範囲は下記の通りです。

Vライン

Vラインは、デリケートゾーンの前面部分のことです。

へそ下から両足の付け根に沿った三角形のエリアがVラインです。

Iライン

Iラインは陰茎回りから肛門手前の部分のことです。

Oライン

Oラインは肛門まわりから袋の手前の部分のことです。

(※クリニックやサロンによって多少範囲の定義は異なります)

アンダーヘアがあると、どうしても体臭や蒸れの原因にもなってしまいます。

また自己処理が難しく、傷つきやすい部位でもあるため、クリニックやサロンでの脱毛の需要が拡大しています。

他人に処理をお願いすると最初は恥ずかしさが先立つ部位でもありますが、クリニックによっては男性スタッフによる処理を指定することができますし、施術者もプロですので淡々と施術を進めることがほとんどなので、必要以上に恥ずかしさや抵抗感を持つことはないでしょう。

ワキの脱毛

女性の脱毛部位で不動のトップ部位であるワキの脱毛。メンズ脱毛においても人気部位の一つです。

VIOライン同様に蒸れや体臭改善効果が見込めて、かみそりで行う自己処理よりも安全性が高いため、ワキの脱毛からメンズ脱毛を始める方も多いです。

ヒゲ脱毛同様に痛みを感じやすい部位でもありますが、麻酔を行うことにより施術時の痛みは大分軽減することができます。

胸の脱毛

一昔前、男性の胸毛は男らしくカッコいいという声もありましたが、現代においては90%近い女性が男性の胸毛はNGという厳しい意見が集中しているのは事実です。

やはり胸毛がない方が爽やかで清潔感のある印象に繋がる確率が高いことは間違いありません。

胸毛を脱毛することにより異性からの評価以外でも、スポーツ時のパフォーマンスの向上や夏場に白いTシャツやVネックのシャツを着ることができるメリットがあります。

VIOやワキ同様に蒸れや体臭改善効果も見込めるので、胸の脱毛も現在かなり需要が拡大している部位です。

上記で取り上げた5部位以外でも腕やひじ下などがメンズ脱毛では人気がある部位です。

また、脱毛した部位が多く、トータルで見てコストを抑えられる全身脱毛を行う男性も年々増えている傾向にはあります。

クリニックの選び方

医療レーザー脱毛を行うことを決めたら、次は通うクリニックを選ぶ必要があります。

クリニックの選び方は知名度、メンズ脱毛専門かどうか、価格、通いやすさなど複数の選択ポイントがありますが、本記事では「レーザーの種類」とその豊富さの2点を重視して選ぶことを推奨します。

順に解説します。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛は大きく分けて3つの種類があります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • YAG(ヤグ)レーザー
  • ダイオードレーザー

それぞれの特徴やメリット・デメリットを簡単にお伝えします。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーとはアレキサンドライトという宝石を用いて755nm(ナノメーター)波長を出し、メラニン色素に反応させるレーザーです。

日本で初めて導入された医療用レーザーでもあり、3種類の中で最も知名度のあるレーザーでもあります。

アレキサンドライトレーザーの最大のメリットは3種類のレーザーの中で最もメラニンへの反応に優れ、濃く太い毛ほど強く反応します。

また、美肌治療にも多く応用されているレーザーであるため、脱毛する周辺部位の美肌効果も見込めます。

デメリットはメラニンに強く反応する反面、色黒肌/日焼け肌には照射できないことと産毛など薄い毛には反応しにくいことです。

代表的な機種名としてはジェントルレーズやジェントルマックスプロなどがあります。

YAGレーザー

YAGとは、イットリウム(Yittrium)、アルミニウム(Aluminum)、ガーネット(Garnet)を用いたレーザーでそれぞれの頭文字を取り、YAGレーザーと呼ばれています。

脱毛のほかにもシミ治療などで使用されることの多いレーザーです。

YAGレーザーの特徴としましては波長が長く(1,064nm)3種類のレーザーの中では最も根深い毛へのアプローチに優れているため、毛根の深いヒゲ脱毛などに採用されることが多いです。

また、アレキサンドライトレーザーでは反応しにくい産毛にも反応することができます。

デメリットとしては、高出力であるため、照射時の痛みは3種類の中で最も強いです。

代表機種としてはジェントルヤグプロ、クラリティツイン(アレキサンドライトレーザーも照射可能)などです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーとは近赤外線を照射するレーザーです。

波長が810nmと、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間位置にあるレーザーです。

産毛や細い毛、色黒肌・日焼け肌にも対応可能なレーザーであり、YAGレーザーより少ない痛みで根深い毛にもアプローチできるため、最もバランスの良いレーザーです。

また、ダイオードレーザーでも高出力のレーザーを1発照射する熱破壊式と、低出力のレーザーを断続的に照射する蓄熱式に分かれており、前者は剛毛への脱毛効果に優れており、後者は肌に優しいため、敏感肌や色黒肌・日焼け肌へ照射するのに適しています。

代表的な機種は熱破壊式だとライトシュアデュエット、蓄熱式だとメディオスターNEXT PROなどがあります。

3種類の脱毛に使用される医療レーザーをご紹介しました。

自身の肌質や毛質、脱毛したい部位や痛みへの耐性なども踏まえて、適した医療レーザー脱毛を選択するようにしましょう。

クリニックによっては脱毛機器の種類が1つしかないクリニックもあるので、自身に適したレーザーで照射してもらうために複数の脱毛機器を所有しているクリニックを調べて、診察時に相談することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事がメンズ脱毛を検討されている方、脱毛を行うクリニックを探している方にとって参考になり、クリニック選びにお役立ていただけたなら幸いです。

2022年も男性向けの脱毛クリニックは増え続け、需要も拡大する事でしょう。

是非、脱毛することで得られる変化やメリットをイメージしてクリニックに足を運んで相談してみましょう。        

関連記事

  1. レペゼンDJ社長は新宿ゴリラクリニックで全身脱毛しているとい…

  2. エステ脱毛で薄くしてから医療脱毛はお金の無駄!絶対に最初から…

  3. 小鼻の黒ずみや毛の処理方法3選【オススメはメンズ脱毛】

  4. 青髭にならない方法!一時的と根本から解決する方法を解説

  5. 剃ってもひどい青髭には脱毛しかない!青髭を改善する方法を紹介…

  6. 【メンズリゼの全身/部分脱毛】実績・料金・口コミ評判等を徹底…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧