男性は朝も洗顔すべき!その理由と朝にオススメの洗顔料

この記事では、
・どうして男性も朝洗顔をするべきなのか
・メンズの洗顔において知っておくべきこと
・男性の朝洗顔にオススメな洗顔料
などについて主に書いています。

一般的に洗顔などのスキンケアのトピックは、男性の方がないがしろにされますが、肌を清潔に保つ意味で、洗顔に関する知識を持っておいて損はありません。
男性もスキンケアに気を使う時代、正しい知識を身に付けてキレイな肌を手に入れましょう。

洗顔する目的とは

多くの人がなんとなく洗顔はいいことだ、した方が良さそうだという認識だけで止まってしまっていると思います。
このせっかくの機会に、どうして洗顔をする必要があるのか再認識しましょう。

洗顔の目的は、肌の汚れを落とすことにあります。

肌の汚れには大きく分けて二つの種類があり、体から出るものと、外から付着するものに分けることができます。
具体的に体から出るものには汗や皮脂などがあり、外から付着するものには埃などがあります。
このような汚れを落とすために、習慣的に洗顔を行う必要があります。

”朝は洗顔しない方が良い”というのは本当?

結論から書くと、”朝は洗顔しない方が良い”わけではありませんが、使う洗顔料には気をつける必要があり、強い洗顔剤を朝と夜に使うと、人によっては悪影響になり得るということです。

先ほど、洗顔をする目的というのは、日々の肌の汚れを落とすことにあると説明しましたが、洗顔料に使われている洗顔の成分というのは、少なからず肌に影響を与えます。
そのためあまり強い洗顔料を1日に二度も使うと、人によっては肌荒れを起こしたり、必要以上に乾燥してしまう可能性があります。
つまり多くの人にとっての正解は、あまり強くない洗顔料で朝と夜に洗顔を行うということになります。
夜だけで無く朝もあえて洗顔を行うことの目的は、寝ている間に溜まった肌のテカリや汚れを落とすことにあります。
寝ている間にも外から埃なども付着していることがあるため、こういった汚れを朝に落としてしまうことが大切です。

朝洗顔のメリット

毛穴のつまりや汚れを朝のうちに落とせる

朝洗顔をしないと、寝ている間に溜まっている汚れを落とすことができません。
これはつまり、毛穴のつまりだけでなく、ニキビや吹き出物ができてしまう一つの原因になってしまいます。

それだけでなく夜寝る前につけたクリームなどを完全に落とすことも、朝にしっかりと洗顔を行うことでできてきます。
そういった汚れを残したままで過ごしてしまうことは、あまりいいことではありません。

正しい洗顔のやり方

ここからは正しい洗顔のやり方について説明していきます。
せっかく習慣的に洗顔をしていても、なんとなくただ惰性でやってしまうのはもったいないことです。
このタイミングで正しい洗顔方法をマスターしましょう。

1 洗顔前の手洗い

洗顔をする前に手を洗うことを忘れないようにしましょう。せっかく洗顔するのに手が汚れていたら本末転倒です。
手をキレイに洗って清潔な状態にしてから洗顔を行います。

朝は寝る前に付けたハンドクリームなどの油分がまだ残っている可能性があります。その残ったままの手でやってしまうことは勿体無いので、手洗いからスタートします。

2 泡立てていく

手を洗い終わったら、次に泡を立てていきます。
実は泡をしっかりと立てて洗顔の準備をすることは、非常に大切なプロセスです。泡をしっかりと立てることで、手で肌を洗う時に、肌への負担が少なくなります。

泡を立てる際のコツですが、まず洗顔料の適量を手に出します。
この量は多すぎても少なすぎてもダメなので、それぞれの説明書等を参照してください。
適量を手に出したら、手にくぼみを作り、水を少しだけ加えます。
そして泡がついていない方の手の指先で、洗顔料と水を混ぜていきます。
この時大事なのは指先で軽く叩くようにくずしていくことです。

続けて泡が混ざってきたら先ほどと同じ量の水を再び加え、指の第二関節あたりまでを使って、泡を立てていきます。
この時空気をしっかりと含めることを意識しましょう。
混ぜ続けて、十分混ざったかなと思った時に、再び少量の水を加えます。
そして最後に泡の表面だけを撫でるように軽くタッチすると、完成します。
このようにして洗顔料は泡立てを行います。

洗顔料を泡立てないでそのまま顔に付けてしまい、顔の表面でこするようにしてしまうのは、肌にダメージを与えてしまいかねない原因になります。
洗顔料を正しく泡立てることは、洗顔の効果を最大限に引き出すだけでなく、肌への負担を守ることにも繋がります。

3 洗顔の際には、顔の中心も丁寧に洗う

頰や口元だけを洗顔しがちですが、おでこや鼻などは洗顔の際に意識していないと忘れがちです。そのため、意識的に顔の中心ラインを洗うようにしましょう。

女性にはない、メンズ肌特有の特徴

メンズの肌は、女性の肌とは異なる点が多々あります。
皮脂の分泌量や、ベタつきやすい場所などが変わってきます。
それだけでなく、4つのタイプに肌を分類することもできます。
この分類を元にして、自分が何タイプに該当するのかを意識することも大切です。詳しく見ていきましょう。

皮脂の分泌量の違い

男性は、基本的に女性よりも二倍の皮脂の分泌量があります。
思春期の頃から大きな差が出始め、20~30歳でピークを迎えますが、その後も量はほとんど減らない傾向にあります。

一方女性は20歳前後でピークを迎え、その後は減少傾向にあります。
そのため、女性よりも男性の方が肌の表面がテカリやすくなります。
男性はTゾーンと呼ばれる額から鼻の上あたりまでのエリアは皮脂の分泌が多い一方で、Uゾーンと呼ばれる部分は、水分が少なくなりがちで、乾燥しやすい場所です。
このエリアはシェービングをすることも多いので、乾燥してしまうことにつながりがあります。

メンズの肌タイプ4分類

メンズの肌は4つの種類に分けることができます。
タイプを認識することは、正しい洗顔につながります。

オイリー肌

一つ目はオイリー肌と呼ばれるものです。
別名は脂生肌と呼ぶこともあり、オイリーという名前からもわかるように、顔がテカテカしてしまっている状態のことです。
先ほど、男性は女性よりも皮脂の分泌量が二倍ほど多いと説明しましたが、オイリー肌の男性はさらにテカテカしていると言えます。

乾燥肌

二つ目は乾燥肌です。
乾燥とはどういった状況を指しているのかというと、肌の表面の角質層内の水分量がそれほど多くないことを意味します。
乾燥肌の人は、かゆみや肌荒れになりやすいことがあるので、対策をすることが必要です。具体的には、保水や保湿などを行なって、水分をしっかりと補うことが大切です。

混合肌

三つ目は混合肌です。
これは一つ目のオイリー肌と、二つ目の乾燥肌の両方の特徴を持っている肌のタイプです。
混合肌の人は、額から鼻の上あたりにかけてのTゾーンがテカテカする一方、あごあたりのUゾーンは乾燥するという傾向があります。

混合肌の人の洗顔における対策は、場所によって分ける必要があり、皮脂の量が多いTゾーンについてはしっかりと洗顔する必要がある一方で、乾燥が目立つUゾーンは軽く洗顔するほどのがちょうどいいです。

敏感肌

最後に四つ目は敏感肌です。
敏感肌は肌によくトラブルが起きやすいということができます。
少しのダメージで炎症を起こしてしまったり、荒れてしまう肌のことです。
この敏感肌ですが、先天的なものと後天的なものに別れ、先天的なものはアレルギー、もしくはアトピー性皮膚炎などがあり、後天的なものは、睡眠不足や食生活の乱れなどが原因になっています。

洗顔時の注意点

誤った洗顔の継続は、むしろ逆効果でいいことがあまりありません。
泡は説明書通りの適量を使い、先ほど説明した泡の立て方を参考に洗顔をします。

また洗顔の時間ですが、短すぎても長すぎてもいいことではありません。
目安としては30秒ぐらいが丁度良いとされています。
顔を濡らしたり、泡を流したりするときはぬるま湯を使い、冷水や熱めのお湯は使わないようにしましょう。

洗顔料選びで大切なこと

洗顔料選びで大切なことは大きく分けて二つあります。

一つ目は自分の肌にあったものを使うことです。
メンズの肌は主に4種類に分類できると紹介しました。
この中から自分がどれに該当するのかを考え、そのタイプにあった洗顔料を使うことが大事です。

二つ目はパワーの強すぎる洗顔料は使わないということです。
あまりパワーが強いと、逆に肌へのダメージにつながります。
強さは普通ぐらいのものを選ぶことが良いです。

男性の朝洗顔にオススメの洗顔料

メンズの洗顔にオススメの洗顔料を年代ごとに分けて説明していきます。
これから紹介するものは全てAmazonで購入することが可能です。

20代の方にオススメの洗顔料

ロゼット洗顔パスタ海泥スムース

このロゼッタは他の洗顔料と比べて値段が安いことが特徴です。
ミネラルが豊富な海泥と、肌を引き締めるローズフルーツエキスが配合されています。
この海泥を使うことで、角質や毛穴の汚れを落とすことができます。
値段が安いため、若い人でも気軽に買うことができます。

30代にオススメの洗顔料

ORBIS ミスターフェイシャルクレンザー

これは男性の肌に向けて作られました。
先ほども紹介したように、男性は女性の肌に比べて皮脂量が2倍近くあるのに対し、水分量はおよそ3分の1しかないとされています。
そのような特徴をしっかりと考えて作られたのがこの商品です。
夕方になると肌のテカりが気になる人などにオススメです。

40代の方にオススメの洗顔料

マンダムルシード薬用オイルクリア洗顔フォーム

皮脂吸着パウダーが配合されているため、肌をサラサラした状態で保つことができます。
この商品は若い年代が使うというより、40代の方からの使用がオススメできます。

まとめ

今回は、男性は朝も洗顔すべき理由と、オススメの洗顔料について説明してきました。自分の肌の性質を理解し、それに該当する洗顔料を選択して、正しいやり方で洗顔を行うことが大切です。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

  1. メンズのフェイス脱毛(顔脱毛)でスキンケア効果がアップするっ…

  2. 無印のスキンケア用品はメンズにとっても良い商品なのか?洗顔/…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


>>新着記事一覧