ほくろは取れる?ほくろ除去の経過ブログ

「ほくろ」が気になる男性は少なくありません。

顔の印象を左右する「ほくろ」。

この際、除去を考えてはいかがでしょうか?

さっそく、「ほくろ」および「ほくろ除去」の概要を解説しましょう。

ほくろはなぜできる?

そもそも「ほくろ」とは茶色や黒色および黒褐色の変質細胞を指しており、医学的には「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」または「色素性母斑(しきそせいぼはん)」と呼ばれます。

外部刺激により肌を守る目的で皮膚内部にメラニン色素が生成され、この色素を産生する色素細胞メラノサイトが活性することで、色素の過剰分泌により「ほくろ」となるのです。

余談ですが「ほくろ」の語源をご存知でしょうか?

平安時代「ほくろ」は「ははくそ(母糞)」と呼ばれていました。

「くそ(糞)」は「あか(垢)」や「かす(滓)」と同義に使われており、「ほくろ」はお母さんの胎内でついた「あか・かす」と考えられたそうです。

「ははくそ」が「はわくろ」「ほーくろ」と変化していき、最終的に「ほくろ」となった、が通説です。

お母さん関連の由来だからと言う訳ではないのですが「遺伝的要素が若干ある」ともされます。

ただし、医学が進んだ現代においても、なぜ「ほくろ」ができるかはハッキリと分かっていません。

一か所にメラニン色素が集まるメカニズムは、未だ解明されていないのです。

こちらの記事では、すでに判明している「できやすい要因」にフォーカスしますので、参考にしてください。

「できやすい要因」は大きく分けて3つとなります。

紫外線

日焼けと同じ、と言えばイメージしやすいと思うのですが「メラノサイト」活性による「メラニン色素」の過剰産生は「ほくろ」発生に関連します。

外部刺激

きつい下着など摩擦および圧迫は「ほくろ」発生につながります。

肌刺激はメイクやスキンケア時も注意が必要です。

過度なピーリングは「ほくろ」の原因となりかねません。

生活習慣

「生活習慣の乱れ」はターンオーバー周期の乱れにつながります。

メラニン色素の排出サイクルが乱れメラニン滞留状態となり、最終的に「ほくろ」へ移行する可能性が報告されています。

ほくろを取るメリット

項目ごとに解説しましょう。

見た目に関して

一番大きいのは「ほくろ」をコンプレックスに感じてきた人でしょう。

顔にある「ほくろ」の影響で、見た目の雰囲気が良くないと劣等感にさいなまれるなら、「ほくろ除去」で性格を明るくしてみませんか?

「ほくろ」を取るだけで「周囲の景色が変わる」とする声が寄せられます。

人生が好転する、と言っても過言ではないでしょう。

メラノーマ(皮膚がんに関して)

「ほくろ」によく似たもので「メラノーマ」と呼ばれる皮膚がんの一種があり、これは悪性黒色腫のメラノサイト(色素細胞)がガン化したものです。

初期段階は黒っぽい斑点状に発生して「ほくろ」との見分けがつきにくく、判断することは難しいでしょう。

皮膚の母斑細胞増殖で「ほくろ」となりますが、悪性変化した場合「メラノーマ」になり、「しこり」が発生します。

発症率は10万人に1人程度とされますが、近年増加傾向とされますので注意してください。

「メラノーマ」は重要項目なので、さらに掘り下げましょう。

形状をタイプ別にして、発生しやすい場所を解説します。

・ 結節タイプ  :しこりができるタイプです。あらゆる場所で発生する可能性があります。

・ 表在拡大タイプ:盛り上がりは少ない。皮膚表面に拡がる傾向。身体の中心や手足の付け根に発生します。

・ 末端黒子タイプ:黒いシミが徐々に濃く大きくなるタイプです。手のひらや足の裏、手足のツメにでき、日本人に多いとされます。

・ 悪性黒子タイプ:首や顔など紫外線を浴びやすい場所に発生するタイプです。高齢者に多く、黒っぽいシミが大きく硬くなる特徴をもちます。

「ほくろ」を放置すると、ただの「ほくろ」なのか「メラノーマ」なのか分かりにくいためクリニック受診が遅れる傾向となります。

「ほくろ除去」に向けたアクションは「メラノーマ」発見を早めるメリットがある、と言えるでしょう。

ほくろを取る方法

「ほくろ」を自分で取ろうとしたことはありませんか?

ネットに紹介されている方法と危険性、さらにクリニック施術のメリットや方法について解説します。

まず、自分で「ほくろ」除去をする方法は大きく分けて3種類あります。

「切除」「もぐさ」「除去クリーム」が情報としてインターネットなどに紹介されておりますので、それぞれを説明しましょう。

切除

ハサミもしくはカッターナイフを利用して「切除」する方法です。

物理的には可能ですが、皮膚内部までメラニン色素を完全に除去するのは至難の業でしょう。

素人による不衛生な器具使用の施術は、感染症リスクが高く危険極まりないと考えてください。

施術処理が不完全となるケースが報告されており、傷跡が残る可能性を否定できません。

もぐさ

インターネットでは「もぐさ」を使用した「ほくろ」除去が紹介されています。

基本的には熟練者が行う手法であり、見よう見まねのセルフケアは火傷リスクが高く、おすすめできません。

除去クリーム

日本国内では承認されていないため「ほくろ・除去クリーム」販売はありません。

入手には輸入代行業者利用で海外から購入する必要があります。

「除去クリーム」の成分は「カソーダ」や「精油ジェル」です。

「カソーダ」は「重炭酸ナトリウム」や「ひまし油」を配合したアルカリ性クリームで、皮膚をゆっくりと溶かしながら「ほくろ」除去を狙います。

また「精油ジェル」は台湾製が有名で、特に「ウバイ精油ジェル」「ウバイ精油膏(せいゆこう)」が知られています。

「ウバイ」は漢字で「烏梅」と書き、未熟な梅の果実を燻製にしたものです。

「ウバイ精油ジェル」は、含有する「クエン酸」「リンゴ酸」「コハク酸」「酒石酸」「オレアノール酸」「ムメフラール」が皮膚を溶かし、ターンオーバー促進で皮膚再生能力を高めて「ほくろ」除去につなげています。

ただし、口コミ情報を見ると個人差が大きく、万人におすすめできる方法とは言えません。

「薄いシミが残った」との報告がありますので過大な期待は禁物でしょう。

筆者は医薬品・サプリメントの専門家です。

専門的な観点でアドバイスを差し上げましょう。

確実な「ほくろ」除去なら、専門美容クリニック利用がセオリーとなります。

安心・安全を最優先してください。

さっそくクリニック利用の施術内容を紹介しましょう。

「ほくろ」を除去する方法は大きく分けて3つになります。

炭酸ガスレーザー法

「炭酸ガスレーザー」を照射して「ほくろ」を除去する治療方法です。

ちなみに「炭酸ガスレーザー」とは、レーザー光を増幅する媒質に「二酸化炭素ガス」を用いる点に特徴があり、ガスは照射組織中の水分に吸収されて、発生熱で組織を気化・蒸散させます。

(組織の気化・蒸散とは、細胞間の間質液が水分沸騰による気化で消滅するとともに、細胞内水分の急激な膨張で細胞膜が破壊されて、細胞質飛散による組織除去を指します)

照射部位は削られて「擦りむき傷」のようになり、出血がほとんど見られません。

施術後は雑菌の侵入を防ぐためテープ

でカバーする必要があります。

「炭酸ガスレーザー法」は「ほくろ」除去以外に「隆起アザ」や「イボ」「ウオノメ」除去に効果的で、短時間に出血なく行える施術として、多くの美容クリニックで採用される治療方法です。

切除縫合法

メスで「ほくろ」を除去(切除)した後、周囲の皮膚組織を引き寄せて縫合する治療方法です。

「ほくろ」組織を完全に除去しますから、再発リスク「0」が大きなメリットでしょう。

大きな「ほくろ」(直径5mm以上のほくろ)に有効とされ、レーザー治療が難しい場合に採用される治療方法となります。

ただし、皮膚組織を引き寄せて縫合しますから、まぶたや唇、鼻など部位によっては組織が引っ張られて歪みが生じる可能性を否定できません。

術後は縫い目にテンションがかかるため、一定期間テーピングが必要な点と、紫外線による色素沈着リスクがあるため、UVクリームなど紫外線対策を余儀なくされる点に注意してください。

くり抜き法

メスで「ほくろ」を円形に周辺組織細胞ごとくり抜く治療方法です。

くり抜いた部位は凹み穴となりますが、縫合をせず自然修復を待つ点に特徴があると言えるでしょう。

「ほくろ」の大きさによりますが、一般的に2週間~4週間程度で組織が修復されます。

「炭酸ガスレーザー法」では「ほくろ組織」をレーザー熱で焼き切って(組織の気化・蒸散)しまいますが、皮膚がんの疑いなどで切除組織の病理診断を必要とする場合は「くり抜き法」が採用される、と考えてください。

ほくろを取るのに掛かる費用

「ほくろ除去」に掛かる費用は、審美目的なので自由診療となり、健康保険が使えません。

ただし、病気治療(皮膚がんなど)が目的の場合は保険診療となります。

費用目安を表組みしましょう。

ほくろ・大きさ料金
3mm未満10,000円前後
3mm以上5mm未満15,000円前後
5mm以上20,000円以上

「ほくろ除去」は多くの場合、1回の治療で除去できます。

しかしながら、数回治療が必要の場合もあり、その場合は費用が多くかかる点を理解してください。

ほくろを取る際の不安や疑問について

様々な「不安・疑問の声」が寄せられています。

項目ごとに解説をしましょう。

ほくろを取るのは痛いのか?

前述しましたが「ほくろ除去」は「炭酸ガスレーザー法」「切除縫合法」「くり抜き法」により行われます。

いずれの方法も施術時は局所麻酔が行われますから、除去施術の最中に痛みを感じることはない、と考えてください。

ただし、施術直後は傷ができるので、ヒリヒリとした痛みが残ります。

感じ方は個人差があるものの、耐え難い痛みではありません。

一般的には「鎮痛剤」が処方されますから、あまり心配しなくても良いでしょう。

1日~2日程度で痛みは引くはずですが、万一長期間痛みが引かない場合は施術を受けたクリニックへ相談してください。

ほくろを取るのは整形にあたるのか?

これは考え方による部分が大きいでしょう。

整形自体ネガティブなイメージが薄れる傾向にありますから、気にしなくても良いのではないでしょうか?

芸能人を例として挙げます。

近年は多くの芸能人が「ほくろ除去」を公表しており、枚挙にいとまがありません。

ほくろ除去を公表している芸能人たち
  • 朝日奈央さん
  • 道端アンジェリカさん
  • 薬師丸ひろ子さん
  • 宮沢りえさん
  • 乙葉さん
  • 椎名林檎さん
  • 沢口靖子さん
  • 森田剛さん
  • 生田斗真さん
  • 千昌夫さん
  • 古田新太さん

男性・女性問わず、多くの芸能人が「ほくろ除去」をしていますから、整形と言えるほどのイメージは湧かないでしょう?

男性がほくろを取るのは恥ずかしいのか?

前項で解説したとおり、男性芸能人の多くが「ほくろ除去」をしています。

女性のみならず男性も審美面を気にするのは当然です。

「ほくろ」が気になるなら、サッサと除去した方が精神衛生上良いのではないでしょうか?

確かに「病気ではないから取る必要がない」とも言えるでしょう。

しかし、見た目を考えたら気になるのは当然です。

特に顔の「ほくろ」は印象を大きく変える可能性があります。

項目テーマに戻りますが、「男性がほくろを取るのは恥ずかしいのか?」に対する答・結論は、「恥ずかしいと考える必要が全くない」です。

思い立ったが吉日、なるべく早く行動に移してください。

ほくろを取るのにデメリットはあるか?

メリットは、前項目で詳しく説明をしました。

こちらでデメリットに目を向けましょう。

一度除去した「ほくろ」は元に戻りません。

「ほくろ」除去後の顔が気に入らない、と言っても戻せない点に注意してください。

また、皮膚の深い部分に「メラノサイト(色素細胞)」が残る場合は、1回のクリニック施術(レーザー施術)で取り切れない事例報告がされています。

複数回施術すればよいのですが、下手な施術だと傷跡残りのリスクを抱えます。

繰り返しのレーザー施術は「ダウンタイム(通常生活に戻るための時間)」の長期化や、色素沈着の可能性を否定できません。

稀ですが、施術後の肌奥に「母斑細胞」が残った場合は「ほくろ」が再発するかも知れないので、その場合は再治療が必要となるでしょう。

復習ですが「母斑細胞」はメラニン色素を作る細胞で、集合体が「メラノサイト(色素細胞)」となるものです。

治療・施術方針は、肌表面に見えている「ほくろ」の除去だけでなく、皮膚奥の「メラノサイト」および最小単位の「母斑細胞」まで除去することとなります。

この点を理解して、レーザー施術の「再発・デメリット」を認識してください。

ほくろを取るのに最適な時期はあるのか?

「ほくろ」が悩みの種なら、早期解決がポイントです。

思い立ったが吉日で、すぐにアクションを起こしてください。

ただし「最適」とされる時期があるのも事実です。

その点を掘り下げましょう。

「ほくろ除去」の施術法は「レーザー照射」か「メスによる切開」です。

このうち「レーザー照射」では、少量の「メラノサイト(色素細胞)」が残存するケースが報告されます。

施術直後は、表皮による保護のない状態なので、紫外線が肌奥まで容易に浸透すると考えてください。

そうすると、少量であっても「メラノサイト」が反応して「ほくろ再発」となりかねません。

少しでも再発を避けるには、紫外線量の少ない時期を選ぶ必要があるでしょう。

紫外線量が最も少ない月は12月となります。

逆に紫外線量が最も多い月は7月で、12月の4倍近く紫外線が降り注ぎます。

もし、時期を選べるなら、なるべく紫外線量が少ない秋から冬にかけて、特に12月がベストと考えてください。

それから、紫外線量は3月から急激に増加します。

逆算して1月までには「ダウンタイム」を含めた施術全体を終了させる必要があるでしょう。

レーザー施術後の注意点はあるのか?

「レーザー」照射後の肌は表皮部分が非常に弱くなっています。

できるだけ刺激を避ける必要があり、保護テープを貼付しなければなりません。

さらに、紫外線対策のためにUVクリームを2週間~1ヵ月程度してください。

ほくろ除去施術と脱毛施術は同時に受けられるのか?

「ほくろ」の位置によっては、ひげなどの「脱毛」を考える場所と重なるケースがあるでしょう。

このようなケースでは、多くのクリニックで1ヵ月以上間隔を空けるようにアドバイスされています。

「敏感肌」など肌が弱いケースでは2ヵ月近く空けた方が良い場合も指摘されていますから、事前にしっかりと施術院へ相談が必要です。

ほくろ除去の施術方法は選べるのか?

選択肢はあるものの、向き不向きに注意が必要です。

一般的に5mm以下なら「レーザー治療」、10mmを超えるような場合は「メス切開治療」が選択されると考えてください。

ほくろ除去後、治るまでの期間は?

「炭酸ガスレーザー法」は術後保護テープで10日間ほど保護が必要です。

個人差はありますが、術後1ヵ月ほどすれば目立たなくなる、と考えてください。

「メス切開法」は切開部分を縫合しますので、抜糸が必要です。

施術後7日目抜糸が一般的で、6ヵ月ほどすれば赤みが引いて目立たなくなるでしょう。

施術から抜糸までの期間は、施術箇所へ菌が入らないように細心の注意が必要です。

ほくろ除去・施術クリニックの選び方

前述しましたが、「ほくろ除去」にセルフケアは禁物です。

トラブル・リスクがありますので、絶対に避けてください。

クリニック治療・施術における「意義・メリット」の理解が進んでいる前提で、施術院の選び方を講じましょう。

まずポイントとなるのは、有名な大手クリニックを選ぶこと、となります。

メジャー・クリニックなら、明朗な施術料金と、熟練ドクターおよびスタッフを多数揃えているからです。

そして、アフターフォローがしっかりとしている点も選ぶ際の重要ポイントになります。

「ほくろ除去」は簡単な施術とならないケースがあるのです。

専門知識を有するドクター・プロスタッフによる施術が大切、と考えてください。

「ほくろ除去」は「ほくろ」を形成する細胞を取り去る施術になります。

外科的施術で色素細胞にダメージを与えながら「ほくろ除去」をする、と理解してください。

トラブルに無縁とは言えない施術なのです。

万一のトラブルにアフターフォローは大変重要となり、この点が充実しないクリニックを選ぶわけにはいけません。

アフターフォローは大手なら全てOKと考えず、自分にフィットしているかを慎重に判断する必要があります。

ここで、おすすめクリニックを紹介しましょう。

筆者おすすめは、ズバリ「ゴリラクリニック」となります。

さっそく、次の項目で概要を解説しましょう。

ゴリラクリニックの概要・施術内容

ゴリラクリニックの概要

東京新宿区に本部のある医療法人社団十二会が運営しており、2007年に「ゴリラクリニック」の前身となる「東京イセアクリニック」として東京都渋谷区に産声を上げました。

2014年には男性専門として美容クリニック「ゴリラクリニック」を開院させて以来、業界不動の地位を築いています。

現在は、全国20院・月間来院者数30,000を誇る総合美容クリニックとして、多くの男性ユーザーを満足させる存在です。

累計234万件の治療実績は、信頼できる施術の証と呼べるのではないでしょうか?

受け持つ施術内容は「スキンケア治療」「脱毛」「薄毛」「AGA治療」「わきが・多汗症治療」「痩身ダイエット」と多岐にわたり、男性の様々なお悩みに対応した内容となります。

施術内容

「ゴリラクリニック」の「ほくろ除去」治療は「炭酸ガス・フラクショナルレーザー」を使用します。

すでに「炭酸ガスレーザー法」の項目で施術内容に触れていますが、ピンポイント照射と出力微調整により正常肌への影響を少なくして、色素沈着リスクをコントロールした治療になるものです。

具体的には「炭酸ガスレーザー」を照射して「ほくろ」の細胞組織を少しずつ削ります。

レーザー熱は止血作用を持ちますから、出血がほとんどない点は大きなメリットでしょう。

そして、アフターケアに「ほくろ」の除去箇所へ10日間の保護テープ貼付をします。

「かさぶた」の代用であり、治癒力を高める効果を持つものです。

ホームケアセットとして「外用薬・ハイドロコロイド(治癒促進効果)」と「外用薬・ゲンタマイシン軟膏(抗菌作用)」が処方され、これらはすべて治療料金に含まれます。

それから、実際の治療時間は30分、ほとんどの場合1回の治療で完了です。

なお、レーザー治療に際しては局所麻酔が行われますから、施術そのものの痛みを感じることはありません。

料金体系

料金体系を表組みしましょう。

大きさ料金
1mm幅5,500円
2mm幅11,000円
3mm幅16,500円

※ 全て税込み料金

「ほくろを取るのにかかる費用・項目」で触れた料金と比較してください。

特に1mm幅程度の「ほくろ」ではかなり良心的な料金ではないでしょうか?

3mm幅になると標準的なレベルですが、丁寧なカウンセリング・アドバイスを受けられる点やホームケアセットが料金に含まれる点は「ゴリラクリニック」を選ぶメリットです。

また、複数の「ほくろ」治療で合計の治療費が高額になるケースでは、「医療ローン」利用がおすすめです。

一般的なローンより低金利なので、ユーザーの20%が利用しています。

ただし、30,000円以上会計が対象なので注意してください。

まとめ

「ほくろ除去」に様々な角度からスポットを当てました。

顔の印象を左右する「ほくろ」です。

気になる存在は除去しなければなりません。

ただし、セルフケアは注意が必要でしょう。

多くのトラブルがネット上で報告されています。

安心・安全のために美容クリニック利用がセオリーと考えてください。

おすすめは「ゴリラクリニック」。

「確かな施術」「アフターフォロー」「明朗会計」どれを取っても完璧ですよ。

関連記事

  1. メンズ 肌ケア 保湿

    無印のスキンケア用品はメンズ向けにはどうなのか? 化粧水・乳…

  2. ゴリラクリニックが美肌を目指す男性向けに発売しているゴリラコ…

  3. ニキビ跡や毛穴の開きに悩む男性におすすめ/フラクショナルレー…

  4. 男が美容皮膚科に行くのは恥ずかしい?男性も美容医療が当たり前…

  5. 男性洗顔・クレンジング後にフェイスパックが必須!おすすめ顔パ…

  6. 髪が細い人のセンターパートや濡れ髪にも!メンズヘアバームの使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧