髪が細い人のセンターパートや濡れ髪にも!メンズヘアバームの使い方とおすすめ12選

トレンドにもなっている艶があってウェットな印象の髪型が手軽に作れることから人気が高まっているヘアバーム。

以前は主に女性のスタイリング用に使われていましたが、近年は男性の使用率も急増し、男性向けの製品も増え始めています。

ヘアバームの魅力は天然成分を主成分として作られているので、髪と肌への負担の少ない点です。また、髪だけでなくボディークリームやハンドクリームといったスキンケアに使用できる点もヘアバームへの注目度が高まっている理由です。

本記事ではヘアバームを初めて使われることを検討している男性にヘアバームの選び方をお伝えした上で、おすすめのヘアバームを12商品、ご紹介します。

ヘアバームの選び方

ヘアバームの選び方についてご説明します。

ヘアバームの選び方で気を付けて欲しいのが以下の4点です。

ヘアバーム選びのチェックポイント
  • セット力(硬さ)
  • 成分
  • 香り
  • 男性向けか
様々な観点から自分に合うものを選びましょう!

セット力(硬さ)

ヘアバームは主に艶感やウェット感を出すために使用するイメージですが、全ての商品が艶感・ウェット感に特化しているわけではなく、ワックスのように硬めのハードタイプのバームも勿論沢山あります。

バームはミツロウ(蜜蜂の巣の成分から生成したロウ)が多いほど硬くなり、オイル成分が多いほど柔らかな質感になるという特徴があります。

ヘアバーム1つでしっかりとセッティング・艶出しをする為に硬さを必ず確認するようにしましょう。

具体的にはウェーブや流すと言ったセッティングでは柔らかいものを、ショートヘアで髪を立たせると言ったセッティングではハードタイプのものを選びましょう。

また整髪料全般に言えますが、自分の毛質との相性なども踏まえて選ぶようにしましょう。

成分

ヘアバームを成分によって選ぶ方法があります。

シバター、ホホバオイル、アルガンオイルなどミツロウ以外にも沢山の天然由来成分でヘアバターは生産されています。

種類によって、様々な成分が配合されているので保湿・オーガニック等、どこに比重を置くかによってチェックすべき成分が変わってきます。

ここでは、保湿成分・オーガニック成分の2つを見ておくようにしましょう。

保湿成分が配合されているヘアバーム

ヘアバームならではのメリットの一つに保湿機能があります。

冬の時期など乾燥しやすい季節には保湿機能があるヘアバームは髪だけでなく肌にも優しいですよね。

保湿成分を重視する方は水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウム、スクワラン、加水分解コラーゲン等が配合されているヘアバームがおすすめです。

コラーゲン・ヒアルロン酸等はスキンケアでも定番の成分なので覚えやすいと思います。これらの成分が記載されているヘアバームであればしっとりとした印象のへアスタイルをキープできると期待出来ます。

オーガニック成分が配合されているヘアバーム

植物由来成分を贅沢に配合しているヘアバームはオーガニック成分を豊富に含んでいます。代表的な成分としてオリーブ果実油、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、アロエベラ葉汁等が挙げられます。

こういったオーガニック成分は香りにも関係してくるため、好みに合わせて成分を選ぶと良いでしょう。

また敏感肌などで肌が弱い方にも刺激の少ないオーガニック成分のヘアバームがおすすめです。

香り

香りもヘアバームを選ぶうえで重要な要素です。

一日中、髪につけているものなので、好みの香りだと嬉しさも続きますね。

前述したようにボディークリームやハンドクリームにも使用できるのが従来の整髪剤にはなかったヘアバームの魅力でもあります。自分が好きな香りの商品を選びたいですよね。

シトラス・ライムなどの柑橘系等などの定番の香りも人気ですし、ウッディー系などの爽やかな香りも男性には人気です。

また、ヘアバームの中には無香料タイプの商品も数多くあります。無香料タイプであれば、職場・旅行中の電車・新幹線の車内・外食・映画館などTPOを選ばず心理的にもヘアバームを付けやすいですよね。

男性用か?男女兼用か?

ヘアバームはメンズ専用の商品もあれば、男女両方を対象とした商品も数多くあります。

結論から言えば、いずれでも大丈夫です。

両者の違いとしては、メンズ用のヘアバームは男性に人気の香りのものが多く、パッケージデザインなど男性が好みそうなシックな印象の商品が多いです。

メンズ向けヘアバームの使い方

メンズがヘアバームを使う時は、基本的にワックスと同じと思って手に伸ばす形で使います。

ワックスと違い、セット力は持続しづらいので髪全体的に満遍なく利用して問題ありません。

その反面、手に伸びやすくツヤも出やすいのがヘアバームのメリットで、今のヘアスタイルのトレンド的には全体的にヘアバームが得意とする形に寄ってきていると言えるでしょう。

ヘアバームのメリット
ヘアバームのデメリット
  • 伸びがよく使いやすい
  • 髪にツヤ・ウェット感を与えられる
  • 持続力が弱い
  • 強力に髪を立ち上げるなどはできない

おすすめのヘアバーム12選

上記で説明した選び方などを踏まえて、12種類の男性におすすめのヘアバームをご紹介します。

おすすめ商品①ナプラ エヌドット ナチュラルバーム

1959年に創業以来、業務用・プロ用のヘアケア製品を沢山開発してきた老舗ブランド・ナプラ社の男女兼用ヘアバームです。天然由来の成分とシアバターだけを使用。しっとりした潤いがあり、髪だけでなく手や肌のケアにも使えます。

手のひらによく伸ばしてオイル状にしてから、毛先にもみ込むようにスタイリングして使用します。ヘアスタイルにニュアンスをつけたい時、束感を出したい時に適したヘアバームです。

香りはマンダリンオレンジとベルガモットがほのかに香り、爽やかな印象を作り出すことができます。

おすすめ商品②アリミノ メンズハードバーム

日本生まれの日本人の髪に焦点を当て、商品展開をしているアリミノ社のメンズ専用ヘアバームです。天然由来成分を97%配合した髪や頭皮に優しいヘアバームです

「ハードバーム」という名前のとおり、ヘアバームとしてはセット力・持続力が強めになっています。ワックスほど重くたくはならず、自然な艶感を演出できます。

初めてワックスからヘアバームにスタイリング剤を替える方や、ナチュラルにセットをしたい方におすすめです。

香りはシトラスやライムといった柑橘系にムスクの香りをアクセントした爽やかな香りです。

おすすめ商品③BABLO バーム

グルーミングブランド『BABLO』のメンズ用ヘアバームです。

整髪剤として、ハンドクリームとして、髭剃り後の保湿剤として、乾燥しやすい目元のケア剤として、唇の保湿ケアアイテムとして、ボディモイスチャーオイルとして、ヘアトリートメントとして、など全身に、多用途に使えるオールインワンバームです。

成分はシアバター、ミツロウ、トコフェロール(ビタミンE)、オリーブ果実油、ホホバ種子油の5成分を配合。さらに、ノンシリコン、バラペンフリー(防腐剤無し)なので毎日安心して使用することができます。

香りはウッディームスク調の優雅な香りです。

おすすめ商品④product(ザ・プロダクト)ヘアワックス

ヘアバームの市場を作ってきたと商品と言っても過言ではないくらい定番アイテムとして多くの人に支持されているのがproductです。

100%自然由来原料で全身に使える定番のヘアバームです。

少し硬めのテクスチャーなので、ショートカットの方にもおすすめのヘアバームです。

濡れ髪ヘアやヘアアレンジなどにも最適なヘアバームです。

100%自然由来原料ゆえの安心感もあって敏感肌の方にもおすすめです。

男女兼用の商品ですが、香りに関しては柑橘系の爽やかな香りで、特に男性におすすめできるヘアバームです。

おすすめ商品⑤BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルヘアバーム

「髪に自然の恵みを」をテーマに植物と共に生きるボタニカルライフスタイルを標榜するBOTANIST社のヘアバームです。

アルギニンやグリシン、セリンなど11種のアミノ酸が 髪の内側から痛んだ髪を補修します。また、肌の潤い成分である天然保湿因子(NMF)を助け、水分を抱え込み、肌に潤いを与えます。

レモングラスの爽やかさとゼラニウムの上品な甘さのある香りが混じりあって、清涼感のある香りを髪や肌にもたらします。

おすすめ商品⑥LebeL(ルベル)モイ バーム

1918年に創業以来、美容や医療関係の商品を時代のトレンドに合わせて提供し続けている老舗企業タカラベルモントが開発したヘアバームです。

同社が限りなく心地よく、限りなく研ぎ澄まされた製品を目指し開発したLebeLモイ バームは自然由来成分100%パラベンフリー、合成着色料フリーでベタつかず、肌にも優しいヘアバームです。

手に取ったときの質感も柔らかく、ヘアスタイルにラフな動きと濡れ感が欲しい時に使用することをおすすめできます。

香りはまるで森林にいるかのようなリラックス感を与えてくれるウッディーな香りです。

プロのヘアメイクアーティストからも人気の高いヘアバームです。

おすすめ商品⑦BROSH(ブロッシュ)Hair Balm

BROSHは原宿、中目黒、大阪で人気のバーバーショップを運営している『MR.BROTHERS CUT CLUB』と日本のバーバーカルチャーを牽引し続ける旭川の名店、『BARBER SHOP APACHE』の両店がコラボレーションし造り上げたポマードが男性から人気ですが、本当に良い物を末長く愛される“必需品”をテーマに製品を提供しいる人気ヘアオイルブランドのLINC ORIGINAL MAKERS とのコラボレーションヘアバームになります。

スタイリング剤として髪の毛への利用はもちろん、ハンドクリームや全身のスキンケアとしても使用出来ることが最大の特徴です。

髪のボリュームアップ・ダウンやまとめ髪など様々な用途で使用できて、主成分のオリーブ油を含む、8種の天然オイルが頭皮・毛髪に潤いを与えてくれます。

香りはラベンダー、レモンの香りとヒノキやパチョリのニュアンスを感じさせるウッディーな香りが混じりあって重厚感を感じさせます。

値段は高めですが、リピーター続出で話題のヘアバームです。

おすすめ商品⑧DENIS TOKYO H BALM

DENIS TOKYOは25年間間、プロの美容師としてキャリアを積んだカミムラユウジ氏が2012年にスタートしたブランドです。

メンズ向けのスタイリング剤、ヘアケア用品などをメインに取り扱っています。

その成分から万能オイルと名高いオーガニックヘンプオイルを仕様した純植物由来成分で構成されており、良質なバームに仕上げられています

浸透力がとにかく高いためベタつきがなく、とても滑らかな質感で、被膜性が高くツヤと潤いが持続します。

敏感肌にも優しい良質な植物油であるため、スキンケアにも重宝できるアイテムです。

お風呂上がりの保湿や唇の乾燥などに適しているため、オールインワンアイテムと言っても過言ではありません。

香りは優しい天然ハーブの香りです。

おすすめ商品⑨O’Douds (オダウズ) スタイリングトリートメント

モノトーンの配色に筆記体のフォントでちょっとレトロでcoolなデザインのケースに入っているこのヘアバームはヒューストン、テキサスを拠点に自然由来成分のみにこだわり、オールナチュナルな原材料を用いて性別問わず使うことのできるヘアスタイリング剤を開発しているグルーミングブランドO’Doudsからリリースされたヘアバームです。

O’Doudsは商品の機能性は勿論、『FROM THE EARTH』と『FOR THE EARTH』を理念に掲げ、倫理的なマーケティングを実践しているプロダクトでもあります。

ワックスのようなクリームタイプの伸びの良いテクスチャーとセット力が特徴。少量でも髪をしっかりコントロールができて、軽いつけ心地ですぐに髪に馴染みます。

配合されている天然オイル(アロエベラ液汁・ペパーミントオイル・ヒマシ油など)は、髪のボリュームを落ち着かせ、髪のコシと頭皮の状態を整えるトリートメント作用があります。
国産のおすすめ商品に比べて販売価格は高めですが、使用したユーザーの満足度は非常に高いヘアバームです。

おすすめ商品⑩Donoban シアバーム

ファッションブランドDonobanのビューティライン『Donoban salon』からリリースされたシアバターやホホバオイルなどを使用した100%天然成分で作られたオーガニックヘアバームです。

このヘアバームの特徴は「9つのFREE」。鉱物油、界面活性剤、酸化防止剤、防腐剤、シリコン、合成ポリマー、動物由来原料、合成着色料、合成香料いずれも含まれていません。それゆえに肌の保湿にも適しており、オールインワンのマルチオイルとして使用することができます。

おすすめ商品⑩ジョンマスターオーガニック ナチュラルバームヘアワックス

オーガニックコスメブランドとして近年人気が高まっているジョンマスターオーガニックのヘアバームです。

保湿成分のマンゴー種子脂は伸びが良く軽やかなテクスチャーで、ショートヘアにも対応可能。また、髪を保湿し毛先にまで潤いを与えてくれるため、指通りの良い滑らかな髪へと導いてくれます。保湿性が高く、お風呂上がりのトリートメントとしても最適なヘアバームです。

香りは優雅なフローラル系の香りと柑橘系の爽やかさが漂う香りが混じりあって男女問わず人気のあるテイストです。

おすすめ商品⑫コキュウ メロウバーム

有名サロンでも使われるオーガニックスタイリングブランド『コキュウ』の「メロウバーム」は、自然由来95.3%で作られたヘアバームです。

男女問わず使用できるユニセックス仕様で、テクスチャーは伸びやかでベトつきにくく、使用後手を洗わなくてもハンドクリームのような感じで手指に馴染みます。

香りはオレンジ&パチョリの優しい香りです。

ヘアメイクアップアーティストのJunJunもこのヘアバームをおすすめアイテムとして紹介しています。

まとめ

まだまだワックスやグリースに比べて、ヘアバームは認知度の低い整髪剤ですが、天然由来成分のみでできているため髪以外でも肌の保湿にも使えて、ダメージを受けた髪の補修機能もあることから、メンズ美容の需要が拡大している中、定番の整髪剤・スキンケアアイテムになる日もそう遠くないでしょう。

お洒落な男性以外でも日頃の身だしなみに気を使っているビジネスマン、髪に潤いを与えたい方、敏感肌・乾燥肌の方にも是非一度試してほしいアイテムです。

関連記事

  1. 髪の毛が細い・柔らかいメンズに似合う髪型は?セットの方法など…

  2. 男性向けおすすめボディソープ5選!おしゃれ~コスパ重視の安い…

  3. 頭皮のヒリヒリや乾燥フケにはコレ!おすすめ頭皮保湿ローション…

  4. 男性は朝も洗顔すべき!その理由と朝にオススメの洗顔料

  5. 【2022年最新】韓国ドクターズコスメおすすめ5選

  6. 酵素洗顔パウダーの使い方とおすすめBEST8【男性にもおすす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事一覧